いかだ風景NPO法人 メセナSUN-CLUB学びの森は、地域の自然や文化にねざした体験活動を通し、自ら輝ける人材の育成と心豊かな暮らしの支援を目的として活動しています。豊かな自然に囲まれた広島県東広島市志和町並滝で小学生から一般の方に自然体験活動を提供しています。このメセナSUN-CLUB学びの森の公式サイトでは、自然体験活動や並滝の豊かな自然に関する情報を紹介しています。このサイトをご覧になり興味をもっていただければ、ぜひメセナSUN-CLUB学びの森の自然体験活動にお申込みください。

月別アーカイブ: 2018年3月月

自然体験学習会:五感で楽しむ里山の12ヶ月(2018.2.18)

掲載日:2018年03月05日(月)

1月20日過ぎから3週間ぐらい、並滝では朝の最低気温がマイナス6~9度ぐらいの日が殆どでした。並滝池は全面が氷り、なみ滝藤原園では凍結で水道とトイレが使えませんでした。やっとトイレが使えるようになったのは2月15日ごろでした。

自然体験学習会の日の朝は、最低気温がマイナス4℃。幸い水道の凍結はなく、陽があたるとポカポカして気持ちよかったです。

先月子どもたちが炭焼窯にコナラの薪を詰めた後、指導スタッフが2日かけて焼きました。炭になってるかそれとも灰か、蓋をあけてのお楽しみ。

スコップで炭焼窯の上を覆っていた土を取り除き、蓋を開けてみると、炭ができていました。

 

 

2月ごろからなみ滝藤原園に野鳥がやって来るので、毎年巣箱を作って去年のものと掛けかえます。

指導する学生が作ったお手本を参考に、板を切って巣箱のパーツを作り、釘で打ち付けて組立ました。お手本がよかったので、子どもたちの巣箱の出来栄えが良かったです。

 

巣箱に作った人の名前と日にちを書いて、鳥さんが入ってくれそうな所を探して掛けました。

 

 

 

 

 

去年の巣箱を開けてみると。

 

 

 

 

 

 

まな板づくり3回目。前回、檜の板を120番(荒目)の紙やすりで磨いて表面のガタガタを取りました。今回は180番(目が細かい)の紙やすりで磨き、板の表面をなめらかにしました。

 

 

 

食材を切る時の大きさや幅の目安とする線の下書きをしました。

この後学生が、はんだごてで線を入れてくれました。次回は仕上げにミネラルオイルを塗ります。

 

 

里山子料理(2018.2.18)

掲載日:2018年03月05日(月)

水加減を失敗することが多いので、子どもの野外料理では極力カレーを作らないようにしています。でも、猪肉を使った料理となると、牡丹鍋よりカレーの方が子どもには食べやすいので、2月には猪カレーを作ります。

臭みを抜き、肉を柔らかくするために、スタッフが前日からごぼう、しょうがと一緒に猪肉を4~5時間以上煮込みました。これに別鍋で煮た玉ねぎ、ジャガイモ、ニンジンとカレー粉を加えて完成。水の量が多かったのでスープカレーになりました。「他の肉はダメだけど、猪肉は食べれた」という子がいたそうです。反対の人の方が多いと思いますが。

カレーの付け合せは、もやしのナムル。もやし、ハム、ホウレンソウを湯がき、鶏ガラスープの素とゴマ油で味付けました。とっても簡単でおいしかったです。

おやつは、さつま芋のケーキ。さつま芋は寒くなると保管するのが難しく、腐らせてしまうことがあります。そこで、くじら農園で収穫したものを焼いたり蒸したりしてマッシュポテト状にし冷凍保存しました。

そのマッシュしておいたさつま芋と卵、牛乳、砂糖、ホットケーキミックスを混ぜ合わせてピザ窯で焼きました。

ケーキというよりも焼きプリンに近い感じでした。「お店で買ったプリンみたい」と子どもたちには大好評。おやつも好き嫌いがあるのですが、これは全員食べていました。

好評につき作り方です。

《材料》

さつま芋(マッシュ状):200g、 卵:2個、 牛乳:250cc、砂糖:40~50g、ホットケーキミックス:50g。

材料を良く混ぜ合わせ、180度のオーブンで50分ぐらい焼いて下さい。

カレンダー

2018年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031