いかだ風景NPO法人 メセナSUN-CLUB学びの森は、地域の自然や文化にねざした体験活動を通し、自ら輝ける人材の育成と心豊かな暮らしの支援を目的として活動しています。豊かな自然に囲まれた広島県東広島市志和町並滝で小学生から一般の方に自然体験活動を提供しています。このメセナSUN-CLUB学びの森の公式サイトでは、自然体験活動や並滝の豊かな自然に関する情報を紹介しています。このサイトをご覧になり興味をもっていただければ、ぜひメセナSUN-CLUB学びの森の自然体験活動にお申込みください。

日別アーカイブ: 2018年5月8日

自然体験学習会:五感で楽しむ里山の12ヶ月(2018.4.15)

掲載日:2018年05月08日(火)

今年は桜の開花が早く、なみ滝藤原園のソメイヨシノはもう葉桜。その代りに、ミツバツツジ、ヤエザクラ、ヤマフジの花が園内に華やぎを添えていました。なみ滝藤原園の花はどれも色が濃くて鮮やかです。今月は、山菜採り、野菜の苗植えの準備、木のボールペンづくりをしました。

 

 

 

大人が心待ちしている山菜の季節到来。コシアブラ、タカノツメ、ヤマフジ、セリ、ノビル、リョウブ、タラノメを採りました。

山菜採りが終わったら、来月の野菜の苗植えの準備。ハーブ園にある堆肥を一輪車に積んでくじら農園に運びました。

 

 

 

 

くじら農園では、畑の草取りもしました。

 

 

 

 

 

 

午後からは木のボールペンづくり。桜や榊の枝を好みの長さに切り、先にボールペンの芯を入れる穴を空けてもらいました。切り出しナイフで穴を空けてもらった側を、鉛筆の先と同じように削りました。好みで柄の部分に切り出しナイフやマジックで模様を入れたり、ボールペンのキャップを作る子もいました。

 

 

里山子料理(2018.4.15)

掲載日:2018年05月08日(火)

昨年の12月から今年の3月にかけて、子どもたちがヒノキでまな板を作りました。今月からそれを使って料理を作ります。自分達で作った物を使うからか、いつもより堂々としているように思えました。

 

春と言えば山菜。大人には待ち遠しい旬の食べ物です。でも子どもにはただ苦いだけ。天ぷらにして苦さを少し和らげます。それでもダメな子が多いので、玉ねぎ、人参と一緒にかき揚げにします。これには、彩でヤマフジやヤブツバキの花を加えます。山菜が全く食べられない子もいるので、活動場所で育てているジャンボ椎茸も天ぷらにしました。ご飯に自分で好きな天ぷらを載せて天つゆをかけます。一度苦味を経験している子どもは、自分が食べられるものだけを選び、初めての子は見た目で選びます。余りの苦さに泣きそうになった子どももいました。この苦さは冬場体内に溜まった老廃物を排出してくれるそうです。大人にはありがたいデトックス料理です。子どもの体にはまだ苦味は必要ないのかもしれませんね。

みそ汁には、ベーコン、キャベツ、椎茸と、摘みたてのセリを入れました。

 

 

 

 

桜の季節なので、おやつは桜餅を作りました。桜餅の葉は、活動場所にあるオオシマザクラの葉を塩漬けしたものです。

 

 

 

カレンダー

2018年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031