いかだ風景NPO法人 メセナSUN-CLUB学びの森は、地域の自然や文化にねざした体験活動を通し、自ら輝ける人材の育成と心豊かな暮らしの支援を目的として活動しています。豊かな自然に囲まれた広島県東広島市志和町並滝で小学生から一般の方に自然体験活動を提供しています。このメセナSUN-CLUB学びの森の公式サイトでは、自然体験活動や並滝の豊かな自然に関する情報を紹介しています。このサイトをご覧になり興味をもっていただければ、ぜひメセナSUN-CLUB学びの森の自然体験活動にお申込みください。

タグ ‘自然体験’

自然体験学習会:五感で楽しむ里山の12ヶ月(2017.11.19)

掲載日:2017年12月09日(土)

「並滝に冬が来たー!!」 天気にだけは恵まれ続けていた自然体験学習会ですが、9月、10月は天気が思わしくなく雨。「まさか3ヶ月続けて雨はないだろう」とふんでいました。雨ではなかったですが、目の前を白いものが落ちて行く。まさか11月中旬に雪が降るとは。一気に冬の寒さとなり、体を動かしていなければ寒くてたまらない一日でした。

11月には椎茸の原木や炭焼き用に、コナラの木を丸太切りしています。4-5年目前までは、活動日に子どもたちの目前で大きなコナラの木を伐倒してもらっていました。ここ数年は、あらかじめ学生が研修で伐っておいたコナラやアラカシを子どもたちが玉切りしていました。私たちが生きていく上で木は必要不可欠で、暮らしを豊かにしてくれるありがたい存在です。しかし時には凶器にもなります。子どもたちに木が倒れる時の迫力や怖さを実感してもらいたかったので、久々にコナラの木をチェーンソーで倒してもらいました。

不要な枝木を別の場所に運びました。

 

 

 

 

 

 

太い所は薪や炭焼用に40~50センチ、細い所は椎茸の原木用に1メートルの長さに切ります。

ノコは引く時にしか切れません。ノコを早く動かせば早く切れると思っているのでしょう。引く時も押す時も力を入れて必死にノコを動かします。「シャカシャカ」勢い良く音はしますがあまり切れていません。ノコの挽き方を教わり「ガッガッ」とノコが木をかむような音が出せるようになると上手く切れるようになります。

 

 

アツアツの焼き芋で体を温めました。

 

 

 

 

 

 

 

1時間~1時間半挽き続けてやっと切れました。毎年、男子より女子の方が上手にきれいに切ります。男子は地味にコツコツやるのは苦手なのかな~?

 

 

 

 

 

年輪を数えたら、お父さんやお母さんと同い年ぐらいでした。迎えにこられたお母さんにこのことを話したら、「細い木だったんだね」と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後は、くじら農園に玉ねぎの苗を植えました。子どもたちの大好きなキーマカレーやピザに欠かせない玉ネギ。来年もたくさん収穫できますように。

 

 

 

 

 

あまりの寒さに、落ちている枝を集めて火を焚こうと試みるが、残っていたおきの上に枝を置いてもなかなか火が着きません。見かねたスタッフにバーナーで火をつけてもらいました。着いた火を維持するのも大変。楽しげにあれこれ試しつつなんとかもたせてました。

 

自然体験活動指導者養成研修(2017.9.28-29)

掲載日:2017年12月09日(土)

自然体験学習会で、子どもの指導をしている学生が参加しました。

40年以上自然体験活動に携わっている西村副理事長が「何のために野外活動をするのか」目的を明確にすること、指導理念を持つことの大切さを話ました。

話の中で言われた「子どもに夢を語ろう」という言葉にはっとさせられました。「ダメだダメだ」と言うことは増えましたが、夢を話すことがないなーと。反省。

自分ができないことは、人に教えることができないので、この研修は実技を重視しています。

研修の最後に一人5分の自然観察会をしてもらうので、まずは自然観察。雨の中、葉っぱの形、葉の付き方、植物の匂い、つるの巻き方(右巻き 左巻き)等、五感を使って観察しました。

 

 

食事作りも野外活動の楽しみの一つです。限られた時間で調理するには、段取りが大切です。まず段取りを考えてから調理に取りかかりました。

 

 

 

 

 

子どもの自然体験学習会では毎年2月に巣箱を作って掛けます。大学生に見本を作ってきてもらいますが…..

子どもたちに「先生すごーいい どうやって作ったん」と言わせてもらいたいので、線の引き方からみっちり指導をうけました。

 

 

ノコや金槌を正しく使い、板の切り方や釘の打ち方のコツをつかむと、きっと「すごーいい」と言ってもらえる巣箱ができました。

 

 

 

 

 

研修の最後は一人5分の自然観察会。植物の匂い当てゲームや特徴による分類をしました。

 

 

 

 

 

自然体験学習会:五感で楽しむ里山の12ヶ月(2017.10.15)

掲載日:2017年10月24日(火)

先月は台風、今月は雨。平成21年に自然体験学習会を始め以来、開催日の第3日曜日は晴れの特異日かと思うくらい天気に恵まれてきました。そんなわけで、2ケ月続けて雨は9年目にして初めてです。

「雨も天気の一つ」なので、予定通りくじら農園でピーナツ掘りをしました。四方八方に広がっているピーナツの茎を束ねて引っ張ると、ピーナツのさやが土の中から顔を出しました。

 

 

掘ったピーナツを一輪車に積んで野外活動場に持って帰ったら、いいタイミングで安納芋が焼きあがってました。雨の中の作業で冷えた体を、ほっかほかの焼き芋で温めました。安納芋はくじら農園で育てたものです。ピザ窯で焼くとより美味しくなります。

 

 

 

 

 

美味しい焼き芋を食べて気分が良くなったところで、茎からピーナツのさやをはずし、水で洗って土を落としました。しっかり乾燥させてオーブンで焼いた殻つきピーナツはとても美味しく、食べ出すと止まらなくなります。

 

 

 

 

 

午後からは竹のクラフト。はし、コップ、バターナイフを作りました。

 

 

 

 

 

 

竹のはしは簡単にできそうに思えますが、奥が深くで難しいです。でもはし作りは、切り出しナイフの使い方の基本(ナイフを固定し竹を動かして削る)を学ぶのに最適です。

 

 

 

 

 

竹のコップは、竹を好みの大きさに切り、内側を3ミリぐらい残すようにして外側をナタで落とします。こうしておくと竹に割れが入りません。竹は外側が固いですが、内側は水分を含んで柔らかいです。竹が乾燥すると内側の水分が抜け収縮するので、割れてしまうのだとか。

 

 

 

自然体験学習会:五感で楽しむ里山の12ヶ月(2017.9.17)

掲載日:2017年09月27日(水)

9月の第3日曜日は、自然体験学習会の誕生日です。9年目の活動に入りました。よりによってこんな日に台風が誕生祝にやって来るとは。

くじら先生が、「雨も雪も台風も天気の一つ」と言われます。台風だから中止というのではなく、それに対しどう対応するか、最善と思われる方法を取ることが大切です。水曜日の進路予想から、広島が影響を受けそうな雰囲気に。キャンセルが出るなら早い方がいいので、台風によるキャンセルはキャンセル料がかからないことにしました。金~土曜のお昼過ぎまでは、広島直撃の予報でした。それでもキャンセルの連絡が殆どありません。土曜の3時頃の予報で、広島直撃はなくなり台風が接近する時間も夕方頃になりました。ぎりぎりまで迷い、明日、参加者がいたら実施と腹をくくりました。ギリギリまでどうするか家族で考えられた方もおられました。そういう経験が次何かあった時に役立つのだろうと思います。

天気予報では、3時頃から雨風が強くなりそうでした。2時半までに帰宅できていれば大丈夫と思い、とりあえず2時終了にしました。保護者の心配を軽減するため。1時以降であればいつ迎えに来てもらってもいいように活動を進めました。

土曜日の段階で芋ほりは中止と思っていたのですが、なんと雨は時折パラパラする程度。子どもたちが集中して手際よく掘ったので、雨が本格的に降り始める前に終わりました。大きな芋が一輪車2台分収穫できました。

 

 

ついでにピーナツも掘ってゆでピーにしました。収穫した日にだけ味わえる贅沢品です。

 

 

 

 

 

 

サクラとヒサカキを使って木のペンダントを作りました。4年ぐらい前に作った時は、木を切って絵を描いて紐を通して終わりでした。今回もそうだろうと思っていたのですが、子どもたちは木を切って、どんぐり、鉛筆、サッカーボール、人形等になるよう切り出しナイフで削り始めました。嬉しい驚きです。1時間以上集中して木を削って、お気に入りのペンダントに仕上げました。

 

 

森の生活体験:大人の社会見学(2017.9.10)

掲載日:2017年09月16日(土)

2月に、島根県奥出雲町の川西そば工房の方に、そば打ちを教えてもらいました。その際、水車で粉を挽くと言われたので見学に行きました。

 

 

 

 

 

 

粉を挽く時は、竜の口から水が出るようになっていました。

 

 

 

 

 

 

 

水車の回転に合わせて石臼の歯車が回ります。ゆっくり粉を挽くと粉が熱を持たないので、おいしいそばになるのだそうです。機械で高速で挽くと、摩擦熱が生じるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

そばの花が満開でした。

 

 

 

 

 

 

 

近くの船通山では、トリカブトの花が咲いていました。

 

 

森の生活体験教室夜咄編:夏の天体観測(2017.8.29)

掲載日:2017年09月16日(土)

天体観測をするには怪しい雲行き。6時過ぎ頃からポツポツ雨も。半ばあきらめていたところ、8時過ぎに雲が晴れ、月、土星、夏の大三角が観察できました。

 

 

 

 

 

 

夕食の後、天体観測の先生のアメリカ皆既日食体験談を聞いたりり、参加者と天体の話をして天候の回復を待ちました。

 

 

 

 

 

 

月と土星の写真撮影を試みる参加者も。

 

 

 

 

 

 

 

天体観測の先生が撮影された月の写真

 

 

 

 

 

 

 

天体観測の先生が撮影された土星の写真。かすかに輪が見えます。

 

 

 

自然体験学習会:五感で楽しむ里山の12ヶ月(2017.8.20)

掲載日:2017年09月16日(土)

8月は夏の工作。先生にほぼマンツーマンで指導してもらいながら、自分の作りたいものに挑戦しました。

先生と相談しながら、作る物のデザインと大きさを決めました。

 

 

 

 

決めたデザインと大きさになるよう、板に線引き。直角に線を引く時はかねざしを使いました。

 

 

 

 

 

 

引いた線に沿ってノコで板を切る。デザインによっては、板の縦引きが必要になるケースも。これは根気のいる作業ですが、途中で投げ出すこともなく切り続けました。

 

 

 

 

 

 

パーツを打ち付ける前に、紙やすりで磨く。スタッフは出来上がってから磨けばいいと思ってましたが、綺麗に作るためには先に磨いた方がいいんですね。

 

 

 

 

 

釘を打ちつける所にインパクトドライバーで穴を開ける。こうしておくと釘も打ちやすく、板が割れたり釘が板からはみ出すことがありません。見た目も綺麗に仕上がります。

 

 

 

 

 

ペンキ塗り。組み立てる前にパーツを磨いておいたので、ペンキも綺麗に塗れました。

 

 

 

 

 

 

出来上がった火おこしで、火をおこそうと試みるもなかなかです。かなりの時間火おこしを回し続けても、焦げ臭いにおいがしてくる程度でした。

この日子どもたちが作ったものは、巣箱、ドアプレート、本棚と短剣、剣と盾、火おこし、貯金箱、発明品と発明品入れ、本立てと椅子、竹のコップ。どれも出来栄えがとても良く、中には子どもが作ったとは思えないようなものも。遠回りなようでも、ひと手間かけて丁寧に作ることの大切さを学んでくれたかな。

 

自然体験学習会:五感で楽しむ里山の12ヶ月(2017.7.15-16)

掲載日:2017年09月13日(水)

毎月の自然体験学習会で学んできたことの力試しで、1泊2日のキャンプをしました。

まずは、いかだ遊びから。4人の漕ぐタイミングが合うとよく進みます。今年は並滝寺池の水が少なく向こう岸が近くなっているため、岸近くまで漕ぐチームもいました。

 

 

 

 

いかだ遊びの順番待ちの間に、テントに自分の荷物を運びました。

 

 

 

 

 

 

午後からは、キャンプファイヤーの準備。歌、レクの練習と、班のスタンツ(出し物づくり)をしました。

 

 

 

 

 

 

 

歌、レク、班のスタンツで盛り上がったキャンプファイヤー。8月の3泊4日のキャンプでは、3日かけてキャンプファイヤーの準備をします。自然体験学習会のキャンプでは、準備は半日です。完成度は今一ですが、4~5時間でキャンプファイヤーができるようになる、子どもたちの力が素晴らしいです。

 

 

 

 

テントの中で大はしゃぎ。彼らは寝たのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

くじら農園でミミズを掘ってブルーギル釣り。並滝寺池の水が減り、魚の姿が見えなくなっていました。でも、ミミズにつられ隠れていたブルーギルが現れ大漁。

 

 

 

 

 

昼食後、キャンプで使った調理用具と食器を、次使う人のためにピカピカツルツルにしました。

 

 

 

 

 

 

自然たんけんゲームで、カモフラージュをしました。子どもたちの大好きなサル山のあちこちにおいてある文房具を探しました。

 

 

 

 

 

森の生活体験教室:春夏編(2017.7.2)

掲載日:2017年07月04日(火)

6月末に筏用に切った竹を組んで4人乗りの筏を作りました。

3本の竹の上に太い竹を並べ、下の竹に上に置いた竹を紐でしっかりくくりつけて固定します。とりあえず4メートルの紐を40本作ることに。4メートル間隔で杭を打ち、紐を20往復させました。これだと早く作れます。「あれー 何本だっけー」てなことにもなりませんね。

 

 

 

紐でくくりつける前に、筏のバランスが良くなるように17本の竹を並べ番号を振りました。そして、1番から順番に土台の3本の竹に紐でくくりつけました。この日参加した女子学生は、優秀で紐の結び方を1回の説明でマスターし、頑丈に綺麗にくくりつけました。これにはくじら先生もご満悦。昨年の参加は男子学生でした。里山の若者達は「鍛えちゃろう」モードでビシバシ指導。今年は、教えるのがとても楽しそう。終始和やかな雰囲気の中で筏か組み上がりました。

 

 

 

竹組みが終わったら、人が座る所にコンパネを打ち付けました。木ねじをインパクトドライバーを使ってねじ込みます。女子学生の呑み込みが早いので、教える方も楽しそうでした。

 

 

 

 

 

 

並滝寺池に浮かべて筏遊び。湖面を優雅に筏が進んで行きます。子どもたちが必至に漕いでいる姿ばかり見ているので、「こんなふうに進むのか~」と、見ているだけでも気持ち良かったです。

目に入るのは、山と池と筏。風流でした。

 

 

 

 

 

 

朝、くじら農園で収穫した野菜をふんだんに使ったお昼ごはん。ピーマンの肉詰め。ジャガイモがたっぷり入った味噌汁。ナスとズッキーニの塩コショウ焼き。トマト。茹でたもやしとキャベツ。自然のエネルギーをたくさんもらって元気になれた感じです。キュウリも食べられる予定でしたが、動物が一足先に食べてました。

 

 

 

 

休憩所づくり。図面の見方や初歩的なCADの使い方を教わりました。先生(里山の若者)は、インターネットやyoutubeで使い方を調べながら、CADをマスターされたそうです。すごいです~。

 

 

 

 

 

時間が少し余ったので、竹で冷酒用!?のコップを作りました。学生はお父さんとお母さんのコップ(冷酒用とは限らないです)も作ったとか。

竹を好みの長さに切って、外側の青い部分をナタで落とします。青い部分を残しておいた方がいいと思われる方が多いのではないでしょうか。青い部分を残しておくと、せっかく作ったコップが割れてしまうのです。

春夏編は7月で終了。11月から秋冬編が始まります。

 

森の生活体験教室:春夏編(2017.6.25)

掲載日:2017年07月04日(火)

竹やぶで筏用の竹を伐り出す予定でしたが、天気予報では雨模様でした。雨が降るなか竹を伐るのは危ないので、前々日に12~3本伐って、4メートルの長さの竹を20本以上作っておきました。 朝、参加者と一緒にトラックに竹を積んで活動場所に持って帰りました。

竹飯とそうめん流しをすることにしていたので(竹を切った時にしかできない)、手分けして準備しました。竹で竹飯用の器を作り、米、湯、ちりめんじゃこ、油揚げ、塩、醤油、酒を入れ火にかけました。

 

炎が竹の器を包む感じになるよう薪を炊きました。蓋のふちから湯気がシューシュー吹き出したら、火力を落として蒸らしました。

 

 

 

 

 

 

炊き込みごはんは、もちろんおいしかったですが、底のおこげが最高。

 

 

 

 

 

 

竹を半分に割って節を取り、流しそうめんの準備中。ちなみに「木もと竹うら」と言って、木は根本の方から、竹は先の方から割ると綺麗に割れるらしいです。

 

 

 

 

 

 

太めのそうめんと冷たい井戸水が良く合いました。流しそうめんの前に、炊き込みご飯と具だくさんの味噌汁を食べていたのに、素麺をすくう箸が止まりませんでした。一人一輪以上食べました。流しそうめんでしか味わえない美味しさでした。

 

 

 

 

 

休憩所作りの続き。曲がった釘や長い釘を抜く。曲がった釘は、金槌等でできるだけ真っ直ぐして、長い釘は下に板を入れたりして抜きます。3月に解体した東屋の部材を再利用するので、釘を抜いてもらいました。

 

 

 

 

 

最近は釘の値段が安くなっているので、曲がった釘を再利用することはめったにないと思いますが。とりあえず、曲がった釘の再利用の仕方も習いました。

 

 

 

 

 

 

休憩所の柱にするヒノキの皮むき。5月にむいた時は、簡単にするっと皮がむけました。あれから2か月近く経ち木の乾燥も進んだので、皮が幹にピタッとくっついてなかなかむけませんでした。

カレンダー

2017年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31