いかだ風景NPO法人 メセナSUN-CLUB学びの森は、地域の自然や文化にねざした体験活動を通し、自ら輝ける人材の育成と心豊かな暮らしの支援を目的として活動しています。豊かな自然に囲まれた広島県東広島市志和町並滝で小学生から一般の方に自然体験活動を提供しています。このメセナSUN-CLUB学びの森の公式サイトでは、自然体験活動や並滝の豊かな自然に関する情報を紹介しています。このサイトをご覧になり興味をもっていただければ、ぜひメセナSUN-CLUB学びの森の自然体験活動にお申込みください。

タグ ‘自然体験’

自然体験学習会:五感で楽しむ里山の12ヶ月(2018.6.17)

掲載日:2018年06月27日(水)

毎年6月に虚空蔵山に登りるので、当日の天気が気ががりです。梅雨時期にしては爽やかで、木陰に入ると空気もひんやりしていて、登山しやすい天候となりました。

朝、西村先生と学生に山頂で食べる山賊むすびを作ってもらいました。中には鮭、おかか、梅干し、塩っぺ。塩分取り過ぎですが、山頂で食べるのには丁度いいぐらいです。19合う炊いて、32個作りました。

 

 

 

山賊むすびを背負って9時45分になみ滝藤原園を出発して山頂をめざす。

 

 

 

 

 

 

 

途中2ヶ所で休憩を取り、11時20分前に山頂に到着。西条盆地の絶景が迎えてくれました。

頂上で食べる山賊むすびは絶品。もう2個食べたいと言う子もいました。

 

 

 

 

 

なみ滝藤原園に戻ってから、来月のキャンプのために三角テントを二つ張りました。

 

 

 

 

 

自然体験学習会:五感で楽しむ里山の12ヶ月(2018.5.20)

掲載日:2018年05月28日(月)

数日前は真夏のような暑さが続いていましたが、この日は朝は少々肌寒く、日中は5月らしい青空が広がった爽やかな一日でした。

なみ滝藤原園で野鳥の調査をされている原先生の指導で、数年ぶりに野鳥観察をしました。

まず、双眼鏡のピントの合わせ方をじっくり丁寧に教わりました。

 

 

鳴き声はあちこちからするのに、鳥が顔を出してくれません。鳴き声のする方に近づくとピタッと声が止み、離れるとまた聞こえてきます。鳥さんはどこで見てたんでしょうか。

 

 

 

 

 

鳥は口ばしの形で食べる物が違うのだそうです。口ばしの先が細い鳥は虫、太い鳥はどんぐりなどを食べるそうで。

この日観察した鳥は、ヒヨドリ、ホオジロ、ハシブトカラス、ウグイス、コゲラ、ヤマガラ、キビタキ。ついでに、クロスジギンヤンマ、ヨツボシトンボ、シジミチョウ類の幼虫、アリ、ナラメリンゴタマバチの虫こぶ、イシガメ、ツチガエルも観察しました。

観察ノートの書き方も教えてもらいました。ちなみに生き物の名前はカタカナで書くそうです。

 

秋に美味しい焼き芋がたくさん食べられるよう、くじら農園にさつま芋(紅はるか)の苗を20本植えました。

パプリカ(4本)とナス(1本)も植えました。くじら農園で育てた野菜で作るキーマカレーは、とっても美味しいよ。

 

 

 

自然体験学習会:五感で楽しむ里山の12ヶ月(2018.4.15)

掲載日:2018年05月08日(火)

今年は桜の開花が早く、なみ滝藤原園のソメイヨシノはもう葉桜。その代りに、ミツバツツジ、ヤエザクラ、ヤマフジの花が園内に華やぎを添えていました。なみ滝藤原園の花はどれも色が濃くて鮮やかです。今月は、山菜採り、野菜の苗植えの準備、木のボールペンづくりをしました。

 

 

 

大人が心待ちしている山菜の季節到来。コシアブラ、タカノツメ、ヤマフジ、セリ、ノビル、リョウブ、タラノメを採りました。

山菜採りが終わったら、来月の野菜の苗植えの準備。ハーブ園にある堆肥を一輪車に積んでくじら農園に運びました。

 

 

 

 

くじら農園では、畑の草取りもしました。

 

 

 

 

 

 

午後からは木のボールペンづくり。桜や榊の枝を好みの長さに切り、先にボールペンの芯を入れる穴を空けてもらいました。切り出しナイフで穴を空けてもらった側を、鉛筆の先と同じように削りました。好みで柄の部分に切り出しナイフやマジックで模様を入れたり、ボールペンのキャップを作る子もいました。

 

 

自然体験学習会:五感で楽しむ里山の12ヶ月(2018.3.18)

掲載日:2018年04月10日(火)

3月に入ってから急に暖かくなり、日中の気温が20度を超える日もあるようになりました。この陽気で九州や四国の太平洋側の地域では桜が開花し始めましたが、並滝の桜が咲くまでにはもう1週間ぐらいかかりそうです。

3~4年前に子果樹園(しかじゅえん)に植えた果樹が4本枯れてしまったので、丹波栗、八朔、山桃、無花果の苗木と植え換えました。直径&深さ50センチ以上の穴を掘り、その穴にかき集めた落ち葉、一輪車いっぱいに積んで運んで来た土と牛糞を入れよく混ぜ合わせました。

 

穴に苗木を植え土をかぶせ、幹の周りに水が溜まりやすいように土手をつくりました。最後に土手に水が溜まるまでたっぷりの水をやりました。

 

 

 

 

 

先月作って掛けた巣箱にシジュウカラが入っていました。

 

 

 

 

 

 

12月から始めたまな板づくりは、最後の仕上げ。表面にミネラル系の油を塗りました。

種や実から油が取れることを知って欲しかったので、まずヤブツバキの種とクルミの実を使って油を塗りました。ヤブツバキの種やクルミの実を潰すようにしながらまな板にこすりつけると、種や実から油が出てまな板にしみ込んでいきました。つやが出て綺麗な色に変わっていくのが嬉しかったのか、小さくなって机の上にこぼれ落ちたヤブツバキとクルミをかき集めながら、楽しそうに塗り続けました。最後に木製食器用オイルをまな板が油を吸い込まなくなるまで塗って完成。

 

来月から、このまな板を使って野外料理をします。

 

 

 

 

 

自然体験学習会:五感で楽しむ里山の12ヶ月(2018.2.18)

掲載日:2018年03月05日(月)

1月20日過ぎから3週間ぐらい、並滝では朝の最低気温がマイナス6~9度ぐらいの日が殆どでした。並滝池は全面が氷り、なみ滝藤原園では凍結で水道とトイレが使えませんでした。やっとトイレが使えるようになったのは2月15日ごろでした。

自然体験学習会の日の朝は、最低気温がマイナス4℃。幸い水道の凍結はなく、陽があたるとポカポカして気持ちよかったです。

先月子どもたちが炭焼窯にコナラの薪を詰めた後、指導スタッフが2日かけて焼きました。炭になってるかそれとも灰か、蓋をあけてのお楽しみ。

スコップで炭焼窯の上を覆っていた土を取り除き、蓋を開けてみると、炭ができていました。

 

 

2月ごろからなみ滝藤原園に野鳥がやって来るので、毎年巣箱を作って去年のものと掛けかえます。

指導する学生が作ったお手本を参考に、板を切って巣箱のパーツを作り、釘で打ち付けて組立ました。お手本がよかったので、子どもたちの巣箱の出来栄えが良かったです。

 

巣箱に作った人の名前と日にちを書いて、鳥さんが入ってくれそうな所を探して掛けました。

 

 

 

 

 

去年の巣箱を開けてみると。

 

 

 

 

 

 

まな板づくり3回目。前回、檜の板を120番(荒目)の紙やすりで磨いて表面のガタガタを取りました。今回は180番(目が細かい)の紙やすりで磨き、板の表面をなめらかにしました。

 

 

 

食材を切る時の大きさや幅の目安とする線の下書きをしました。

この後学生が、はんだごてで線を入れてくれました。次回は仕上げにミネラルオイルを塗ります。

 

 

自然体験学習会:五感で楽しむ里山の12ヶ月(2018.1.21)

掲載日:2018年02月02日(金)

記念すべき100回目の活動です。平成21年9月にこの活動を始めた時は、こんなに長く続けられるとは思ってもいませんでした。毎月元気に楽しく活動する子どもたちの成長のお蔭で、何とか続けられました。

この冬の寒さはこれまで経験したことのないような厳しさです。活動の1週間前は野外活動場の水道が凍結し4日間水が出ませんでした。幸いこの日は寒さも緩み、1月にしては活動しやすい天候になりました。

 

 

11月に丸太切りしたコナラの木を薪割機で割り、一輪車に載せて炭焼き小屋まで運んで積みました。

 

 

 

 

 

 

炭焼がまの下に竹を敷き、その上にコナラの薪をぎゅうぎゅうになるまで詰め込みました。

 

 

 

 

 

 

 

窯と蓋の間が密閉していないとそこから空気が入って、入れた薪が灰になってしまいます。掘って来た土を水を加えて錬って蓋全体を覆いました。これで準備完了。温度管理をしながら2日火をあ焚くと炭ができます

 

 

 

 

 

先月から野外料理で使うまな板を作っています。今月は魚の形に切ったまな板の表面を紙やすりで磨きます。

まな板にはテントサイトに生えていた檜を使っています。子どもたちが、この板もホームセンターで売っている板も同じと思って適当に扱って欲しくなかったので、まず檜の板ができまでの話をしました。

3人のおじさん先生が、なみ滝藤原園の日本庭園にあった建物をビフォーアフターしています。その柱用に一昨年の秋にテントサイトにあった檜を倒し、去年の1~3月にかけてチエーンソーで製材しました。まな板に使っている木は未使用部分です。それをまな板の大きさに切り、3~5センチの厚さになるようナタで割り、カンナをかけてまっすぐな板に加工しました。自分ができないことは指導きないので、子どもの指導をしている学生も、自分で板の加工をしてまな板を作りまし。

実物を見た方がより実感がわくので、檜の柱を見せてもらいました。子どもたちは、おじさん先生の大工仕事に興味津々。

 

 

 

 

 

 

すごいものを見て、子どもたちが俄然やる気になり、つるつるになるようまな板を丁寧に磨きました。想定以上の出来栄えにビックリ!

子どもたちの心に火をつけられるな存在でありたいものです。

 

 

 

 

 

自然体験学習会:五感で楽しむ里山の12ヶ月(2017.12.17)

掲載日:2018年01月06日(土)

大雪で始まった平成29年の自然体験学習会が、まさか雪で終わるようになるとは。朝積雪は2~3センチといったところでしたが、路面が凍結していたので参加者が少なくなるのではと心配しましたが、19人の参加がありました。午前中は雪が降り続けましたが、幸い積もることはなく予定通り竹トンボとまな板づくりができました。

 

 

 

竹トンボは通常孟宗竹で作りますが、今回は真竹で作りました。羽の角度が20度になるよう加工してあったのに、竹が柔らかかったので、角度を無くすよう羽を細くするよう勢いよく削る子続出。修復不可能で作り直しになる子も。全員の竹トンボを飛ぶように修復したくじら先生は、さすがに疲れ切った様子でした。

 

 

 

 

焼き芋ができたので、竹トンボづくりの手を止めていただきました。

 

 

 

 

 

 

竹トンボ飛ばし大会。滞空時間と飛距離を競いました。

 

 

 

 

 

 

冬場の仕事はまな板作り。野外料理に使うまな板を4ヶ月かけて作ります。

まな板の材は檜。なみ滝藤原園に生えていたものです。去年の冬に切って柱用に製材した時の切れ端を使います。指導スタッフがまな板の厚さにナタで割りカンナをかけ板状にしました。

子どもの指導をしている学生が作ったまな板と同じ型になるよう板を切りました。

 

 

持ち手になる部分を切るのがちょっと難しく苦戦しました。

 

 

 

 

 

 

 

次回はすべすべに磨きます。

 

子どもたちに夢を語ろう

掲載日:2017年12月26日(火)

子どもたちに夢を語ろう」と、西村副理事長が自然体験活動指導者研修で学生に言われた時、ハッとさせられました。「子どもたちに夢を語っていないな」と。国際社会で活躍できる人を育てたいと思って始めた活動なのに。

イギリスのビジネススクールで学んでいた時、アフリカ諸国からのクラスメートの多くが「自分の国を良くしたい」という大きな夢を持って学んでいました。彼らのように言えるものを持たない私は、彼らがとても羨ましかった。

研修で西村副理事長が話された内容は殆ど頭に残っていませんが(スミマセン)、「子どもたちに夢を語ろう」は心に響き続けました。イギリスでの経験があったからかもしれません。そこでNPO法人メセナSUN-CLUB学びの森の機関紙『ソールだより』に寄稿してもらいました。下記の子どもたにち夢を語ろうは、『ソール便り』からの抜粋です。

 

子どもたちに夢を語ろう (NPO法人メセナSUN-CLUB学びの森 副理事長 西村清巳)

1. 愚痴や小言よりよい話

家庭教育の中で愚痴と小言は子どもが育つ栄養にならない。学校育の中で生活習慣教育やしつけ教育が多すぎはしないか。子どもをやる気にさせる話は何だろう。大人は子どもたちに未来を託していることを伝えているだろうか。郷土を支えるのは君たちだと伝えているだろうか。社会のリーダーになれ、日本社会のリーダーになれと言っているだろうか。   子どもたちはどんな話に触発されるかわからない。日々のニュースの中から勇気の出るもの、隣人のすばらしい活動、困った人に手を差し伸べる人々などの話題を取り上げて話してもらいたい。拍手を送りたい話題をいっぱい伝えよう。キャンプ生活の中で小言が多くなっていないだろうか。くわばらくわばら。あくまでも子どもを育てるキャンプの目的を忘れてはならない。いっぱい夢物語をしよう。

2.感動物語

感動体験をいっぱいさせよう。レイチェル・カーソンが「知ることは感じることの半分も重要ではない」と言った。子どもたちにはいっぱい驚きや感動の体験をさせたい。長い間子どもキャンプをやってきて、子どもたちがいつも感動のトップに挙げるプログラムは登山である。二番目はキャンプファイヤーである。どうしてか。まず自分の力でやり切ったという達成感の裏付けがあるからである。登山は弁当作りから、早朝の出発、苦しさに耐えて頂上に到った自分の努力に満足しているのである。頂上の視界の広さ、助け、助けられた実感。握り飯のうまさ、子どもたちが感動する要素が詰まっている。キャンプファイヤーはすべての役割を子どもたちに分担する。目的と方法を徹底的に教える。いかにしてみんなが主役になれるかを考える。繰り返し繰り返し練習する。自分たちでやり遂げたという実感をみっちり味あわせる。エールマスターだけなく、トーチ係だけでなく、みんなが自分たちでやったと思う充足感を大切にする。

3. 先人の足跡

身近な先輩たちのすばらしい活動を伝えよう。子どもの活動で思わず拍手を送りたくなる話を伝えよう。〈終戦後神戸埠頭のガキ大将のリーダーシップ〉〈一八九〇年、和歌山県大島沖で遭難したトルコ軍艦エルトゥールル号の遭難者を救った大島島民の勇気と友情〉、〈国道九号線の大雪で渋滞した車一〇〇〇台に手を差し伸べ た琴浦町民の美徳〉〈水没バスの上で幸せを感じる心の豊かさ〉〈ユダヤ人六〇〇〇人を救った杉原千畝の決断力〉〈米百俵で学校を作った小林虎三郎の先見性〉。いくら古い事例でも、今に通じる日本人の誇りと美徳を伝えなければならない。子どもたちの「やる気」に火をつける話はどんどん見つけてしつこく伝えよう。

4. 言葉の力

「死なないで。あなたは私の夢だから」とヤンキー先生・義家弘介に語りかけた安達俊子先生の言葉はあまりに有名だが、私たちが日常子どもに投げかける言葉もすごく大切。どんな言葉が子どもの心に残るかわからない。意図的に話しかける時よりも何気なく言った言葉が心に残っていることがある。そんな言葉をかけられる人間性を磨かなければならない。「君はようがんばるのう」「君は優しいのう」「君の笑顔がすばらしい」などなどの言葉がいいタイミングで発せられた時、子どもの心に深く沈殿する。                                                                                                                                      子どもの心に長く残る言葉、その言葉に触発されて子どもが成長するような言葉をいっぱいかけよう。

自然体験学習会:五感で楽しむ里山の12ヶ月(2017.11.19)

掲載日:2017年12月09日(土)

「並滝に冬が来たー!!」 天気にだけは恵まれ続けていた自然体験学習会ですが、9月、10月は天気が思わしくなく雨。「まさか3ヶ月続けて雨はないだろう」とふんでいました。雨ではなかったですが、目の前を白いものが落ちて行く。まさか11月中旬に雪が降るとは。一気に冬の寒さとなり、体を動かしていなければ寒くてたまらない一日でした。

11月には椎茸の原木や炭焼き用に、コナラの木を丸太切りしています。4-5年目前までは、活動日に子どもたちの目前で大きなコナラの木を伐倒してもらっていました。ここ数年は、あらかじめ学生が研修で伐っておいたコナラやアラカシを子どもたちが玉切りしていました。私たちが生きていく上で木は必要不可欠で、暮らしを豊かにしてくれるありがたい存在です。しかし時には凶器にもなります。子どもたちに木が倒れる時の迫力や怖さを実感してもらいたかったので、久々にコナラの木をチェーンソーで倒してもらいました。

不要な枝木を別の場所に運びました。

 

 

 

 

 

 

太い所は薪や炭焼用に40~50センチ、細い所は椎茸の原木用に1メートルの長さに切ります。

ノコは引く時にしか切れません。ノコを早く動かせば早く切れると思っているのでしょう。引く時も押す時も力を入れて必死にノコを動かします。「シャカシャカ」勢い良く音はしますがあまり切れていません。ノコの挽き方を教わり「ガッガッ」とノコが木をかむような音が出せるようになると上手く切れるようになります。

 

 

アツアツの焼き芋で体を温めました。

 

 

 

 

 

 

 

1時間~1時間半挽き続けてやっと切れました。毎年、男子より女子の方が上手にきれいに切ります。男子は地味にコツコツやるのは苦手なのかな~?

 

 

 

 

 

年輪を数えたら、お父さんやお母さんと同い年ぐらいでした。迎えにこられたお母さんにこのことを話したら、「細い木だったんだね」と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後は、くじら農園に玉ねぎの苗を植えました。子どもたちの大好きなキーマカレーやピザに欠かせない玉ネギ。来年もたくさん収穫できますように。

 

 

 

 

 

あまりの寒さに、落ちている枝を集めて火を焚こうと試みるが、残っていたおきの上に枝を置いてもなかなか火が着きません。見かねたスタッフにバーナーで火をつけてもらいました。着いた火を維持するのも大変。楽しげにあれこれ試しつつなんとかもたせてました。

 

自然体験活動指導者養成研修(2017.9.28-29)

掲載日:2017年12月09日(土)

自然体験学習会で、子どもの指導をしている学生が参加しました。

40年以上自然体験活動に携わっている西村副理事長が「何のために野外活動をするのか」目的を明確にすること、指導理念を持つことの大切さを話ました。

話の中で言われた「子どもに夢を語ろう」という言葉にはっとさせられました。「ダメだダメだ」と言うことは増えましたが、夢を話すことがないなーと。反省。

自分ができないことは、人に教えることができないので、この研修は実技を重視しています。

研修の最後に一人5分の自然観察会をしてもらうので、まずは自然観察。雨の中、葉っぱの形、葉の付き方、植物の匂い、つるの巻き方(右巻き 左巻き)等、五感を使って観察しました。

 

 

食事作りも野外活動の楽しみの一つです。限られた時間で調理するには、段取りが大切です。まず段取りを考えてから調理に取りかかりました。

 

 

 

 

 

子どもの自然体験学習会では毎年2月に巣箱を作って掛けます。大学生に見本を作ってきてもらいますが…..

子どもたちに「先生すごーいい どうやって作ったん」と言わせてもらいたいので、線の引き方からみっちり指導をうけました。

 

 

ノコや金槌を正しく使い、板の切り方や釘の打ち方のコツをつかむと、きっと「すごーいい」と言ってもらえる巣箱ができました。

 

 

 

 

 

研修の最後は一人5分の自然観察会。植物の匂い当てゲームや特徴による分類をしました。

 

 

 

 

 

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031