いかだ風景NPO法人 メセナSUN-CLUB学びの森は、地域の自然や文化にねざした体験活動を通し、自ら輝ける人材の育成と心豊かな暮らしの支援を目的として活動しています。豊かな自然に囲まれた広島県東広島市志和町並滝で小学生から一般の方に自然体験活動を提供しています。このメセナSUN-CLUB学びの森の公式サイトでは、自然体験活動や並滝の豊かな自然に関する情報を紹介しています。このサイトをご覧になり興味をもっていただければ、ぜひメセナSUN-CLUB学びの森の自然体験活動にお申込みください。

タグ ‘里山’

キャンプ指導者研修:(2017.6.10、11)

掲載日:2017年06月12日(月)

7月の1泊2日と8月の3拍4日の子どものキャンプでは、子どもたちの指導を学生にまかせています。2~4日間子どもたちとべったり活動するので、学生の子どもたちへの影響力は絶大です。子どもたちに、「参加して良かった」「楽しかった」「またキャンプをしたい」と思わせるのも、学生の指導力や彼らがどういう目的を持って指導したかによります。そのため毎年いろいろなドラマが生まれます。くじら先生やスタッフから子どもたちに課題を達成させることを要求されるので、プレッシャーも相当なものだと思います。その分やりきった時、今まで経験したことのない達成感があるようです。もちろん指導者としても一段と成長します。

学生がキャンプ中自信を持って子どもたちの指導ができるよう、2日間の事前研修をしました。研修では、キャンプの目的とプログラム、野外レクリエーション、野外料理、テントの張り方、竹のはしづくり、キャンプファイヤーの目的と進め方について学びました。

キャンプを計画する際、プログラムの内容だけを考えがちです。キャンプを成功させるためには、まず「何のためにキャンプをするのか(目的)」を明確にし、全員がそれを共有することが大切です。目的や場所によって実施するプログラムも違ってきます。

メセナSUN-CLUB学びの森のキャンプは、子どもの生きる力、感性、忍耐力、行動力、創造力を育てることを目的としています。ですから、準備から片付けまで子どもたちができることは全てやってもらいます。そのため子どもも指導する方も大変です。「お母さんの大変さがわかった」という子がとても多いです。

キャンプ中の食事は全食子どもたちが作ります。1時間で作れるメニューを用意しますが、段取りと適切な指導ができないと1時間では終わりません。昨年のメニューの中から、キーマカレーとマカロニサラダを選んで、段取り、野菜の切り方、ごはんを鍋で炊く際の水の量と火加減を指導しました。

 

 

 

 

 

 

三角テントは形がシンプルですが、ポールと紐を使って張るので手順通りにしないと上手くいきません。研修ではテントを2張り設置してもらいました。1張り目は、くじら先生に教えてもらいながら、次は復習も兼ねて学生だけで張りました。

 

 

 

 

 

3拍4日のキャンプでは、孟宗竹でキャンプ中に使うはしとコップを作ります。はしとコップだけでなく道具の使い方も、子どもたちに「先生すごーい」と思ってもらえるお手本を見せることが大切。

ノコ引き一つとっても奥が深いです。ポイントは「ノコ、体、根性真っ直ぐ」、「ノコは引くときにしか切れない」。

 

 

 

 

箸の長さに切った竹を、箸用の太さになるまでナタで割ります。ポイントは常に真っ二つになるように割る。

 

 

 

 

 

 

 

切り出しナイフで竹を削って箸と菜箸を作りました。ポイントはナイフは固定し竹を動かす。削りすぎて爪楊枝にならないように。

 

 

 

 

 

 

2日目の野外料理は、おにぎり、野菜炒め、味噌汁、ハンバーグ、鶏の照り焼き。これも昨年のキャンプのメニューから選びました。段取り、野菜の切り方等は学生に考えてもらいました。改善の余地はありますが、上手にできました。

 

 

 

 

 

キャンプのメインイベントのキャンプファイヤーも子どもたちが主体となって行います。子どもたちだけで司会、キャンプレクリエーション、班の出し物ができるよう本番まで指導します。キャンプファイヤーの出来は、学生、スタッフがキャンプ中どのように子どもたちと関わって来たかによります。研修ではキャンファイヤーのプログラム構成やスタンツ(5分程度の出し物)の作り方を学び、実際にスタンツを作ってもらいました。

キャンプ中、学生が指導者としてどのように成長してくれるのか、またどんなドラマが起こるのか楽しみです。

里山子料理(2017.5.21)

掲載日:2017年06月02日(金)

活動を長く続けていると、メニューを決めるのに悩みます。ピザやいちごどら焼きのように、子どもたちが楽しみにしているものは別として、毎年同じものでは「またーこれ-」なんて言われてそうだし…..。 多分、今参加している子どもたちは作ってないはずなので、今月はおし寿司を作りました。汁物はすまし汁。

寿司めしには、市販の甘口の寿司酢を使いました。酸味と甘味のバランスが子どもに丁度いい感じです。ちなみに一般を対象とした活動で、寿司めしにかんたん酢なるものを使いました。酸味がかなり控えめな寿司飯となり、何か物足りない感じでした。やっぱり寿司には寿司酢のもんです。

おし寿司の具は、ツナマヨ、干し椎茸とニンジンの煮物。牛乳パックに寿司めし、ツナマヨ、寿司めし、煮物、寿司めしの順に詰めながら、2人で上と横から押しました。牛乳パックで作るので、上からだけ押すと横に広がってしまいます。ツナマヨと煮物の取り合わせだと、味のバランスがどうなるか少々不安でしたが、好評でした。

おし寿司の上に飾る錦糸卵、とても上手に焼きました。ただ子どもたちが大胆に切ってくれるので、中、太、極太、入り混じった錦糸卵となりました。せめて細い錦糸卵が作れるようになって欲しいなぁ~。

すまし汁は、鰹節で出汁を取り、昆布茶、酒、塩、醤油を加えつゆを作りました。出汁は昆布とかつおで取る予定でした。でも、出汁昆布を一袋買っても使いきれない(出汁を取るのは年に1回あるかどうか)ので、昆布茶を使いました。昆布茶の入れ過ぎという指摘もありましたが、そこそこの味になりました。汁椀に、かまぼこ、花麩、摘みたてのヤマミツバを入れ、温かいおつゆを注いでできあがり。

これまで、イチゴどら焼きの皮の焼き具合や形が様々で、実際どら焼きらしいものが作れるのは半分ぐらいでした。これでは、色々な意味でマズイ(大人の事情が最も大きい)。今回は、まずスタッフが焼きながら火加減、生地の量、フライパンへの生地の入れ方、ひっくり返すタイミングを教えました。その甲斐あって失敗ゼロ。見た目も綺麗な皮が、予定していた枚数焼けました。子どもの吸収力はすごい。アメージング(amazing)です。

 

 

 

どら焼きの中は、あんこ、イチゴ、ホイップクリーム。あんはスタッフが前日に作りました(市販のあんの甘さが苦手なので)。どら焼きの皮に砂糖とみりんを使うので、甘さ控えめです。イチゴはハーブ園に植えているイチゴを使いました。活動を始めて以来、毎年5月のおやつはいちごどら焼き。今回初めて育てたいちごで作りました。

おやつは、毎月保護者やちびっ子におすわけしています。今年のいちごどら焼きは大好評でした。味もだけど見た目も重要だね。

森の生活体験:春夏編(2015.5.14)

掲載日:2017年05月18日(木)

春夏編2回目は、割る・削る・切る。まずは薪割り。先月中電の伐採で倒して40センチの長さに切ってもらったコナラの丸太を割りました。カナダ出身の方の薪割が豪快で、割れた時の音もデカイ。見てる方もスカッとしました。3歳ごろから薪割をされていたそうです。

 

 

 

 

 

スパッと割れた時の爽快感。たまんないです。

 

 

 

 

 

 

 

ヒノキのまな板作りも始めました。まずナタと斧を使って3センチぐらいの幅になるように割りました。

 

 

 

 

 

 

 

まな板用に割ったヒノキに鉋をかけ、表面の凸凹を取りました。最初幅が3センチぐらいあった板も、鉋をかけた後は1.5~2センチぐらいになります。

 

 

 

 

 

 

 

鉋をかけた板を、好みの形に切りました。まず丸鋸で大まかに不要な部分を落とし、細かい所はノコで切りました。

 

 

 

 

 

 

 

お昼ごはんは、みそ汁、肉巻き豆腐、おひたし(セリ、ヤマミツバ、ウド、もやし)。おひたしには酢味噌(味噌とポン酢を混ぜたもの)をかけていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

午後からは東屋作りの続きで、柱にするヒノキの皮むきをしました。めったにできない体験です。

昨年の12月に倒したヒノキの皮はなかなかむけません。

 

 

 

 

 

 

先月倒したヒノキの皮はスルスルと簡単にむけました。ヒノキを材として使う時は冬に、皮(桧皮)を使いたい時は春に伐った方がいいとか。

森の生活体験教室:夜咄編(2017.5.2)

掲載日:2017年05月12日(金)

田舎に住んでいると夜の交通手段はマイカーかタクシー。タクシー使っても、ホテルに泊まっても高くつくので、お酒を飲んでうだうだ話をする機会も減ってしまいます。最近では、ざまざまな年齢の人が集まってお酒を飲む機会も少なくなっているような気もします。「野外活動場は寝袋で泊まれる。これだったら酒飲んでもいいわ。私(スタッフ)も飲める!」。思い立ったら則行動。森の生活体験教室:夜咄編を始めることにしました。

夜咄編の1回目は春の天体観測。天体観測は、これまで里山交流会(親子参加)でしていました。子どもより大人が盛り上がっていたので、試しに森の生活体験教室(18歳以上対象)でやってみました。参加者は宇宙の神秘に興味深々。とても中味の濃い観察会となりました。参加した大学生は、天体観察がとても楽しかったようで、その後夜空を眺めるようになったそうです。どこででも、一人でもできる楽しみ方を知っていると、暮らしがちょっと豊かになるかな。

後日指導下さった吉田先生に観察したものを尋ねました。以下は、そのお返事です。

「最初は三日月を観ました。 次に、春の星座「しし座」、西の空に沈む冬の大三角(プロキオン、シリウス、ベテ ルギウス)、 春の大三角(デネボラ、アークトゥルス、スピカ)、春の大曲線(北斗七星、アーク トゥルス、スピカ)を観て、 そして、木星と4つのガリレオ衛星を観て、400年前に地動説を唱えたガリレオの心 境?になりました。 最後に、北斗七星のミザールを望遠鏡で観て二重星であることを知りました。」

天体観測の前に参加者と夕食を作り、ビールを飲みながら食事をしました。夕食は水餃子、押し寿司、すまし汁。押し寿司には、セリやヤマフジの花も使ってみました。

お酒が入ると参加者の会話もはずみます。参加した学生は、人生の大先輩方の経験談なども聞けて良かったのではないかと思います。ちなみに全員が読書を勧められました。先生にもよるそうですが、最近は大学で先生と勉強以外のことを話す機会は殆どないとか。もったいないな~。

里山交流会では、天体観測が終わると解散でした。今回は終わってからもお茶しながら1時間ばかし盛り上がりました。宿泊された方は、のんびりできたと喜んでおられました。

 

大人を対象とした活動は、NPO法人の活動を始めてから試行錯誤の連続です。色々やってみましたが、なかなか上手くいきません。夜咄編をやってみて、スタッフがおぼろげながら「こんな感じがいいなー」と思っていたものにちょと近づいたような気がしますが、さて…..

 

 

 

 

 

 

森の生活体験教室:春夏編(2017.4.23)

掲載日:2017年05月10日(水)

絶好の山菜採り日和。15種類ぐらいの山菜を採って天ぷら、木の芽和え、おひたしにしました。

天ぷらにしたのは、タラの芽、タカノツメ、コシアブラ、ヨモギ、ウド、ノビル、ワラビ、ユキノシタ、アケビの芽、ヤマフジの芽と花、セイタカアワダチソウ、ヤブツバキの花、ジャンボ椎茸、ヤエザクラ。何を食べているか分かるように、天ぷらの衣は根本に少しだけつけるので、どちらかと言えば素揚げです。ヤエザクラの蕾は桜茶にするので、試しに花を天ぷらにしてみましたが、パサパサして今一でした。

 

 

 

ノビルです。

 

 

 

 

 

 

 

サンショウの葉を贅沢に使ったタケノコの木の芽和え。口に入れるとサンショウの香りがして美味。参加者の方が、お店で食べる木の芽和えは、ホウレンソウで色を付けていると言われておりました。サンショウ100%となると、料亭ぐらいでないと食べられないのかもしれませんね。

ヨメナ、セイタカアワダチソウ、セリをさっと茹でてみじん切りにしたお浸し。ご飯にかけると何杯でも食べられそうでした。

 

 

 

 

1~2年かけて休憩所(東屋)を作りながら、道具の使い方、材の加工の仕方、柱や梁組立、トタン葺き等を体験します。一連の作業を体験しておくと、DIYの幅が広がると思います。

今回は、チェーン-の使い方を実習した後、柱に使うヒノキを倒しました。

 

 

 

 

 

倒したヒノキの枝をノコで落としました。次回ヒノキの皮をむきます。

 

 

里山子料理(2017.4.16)

掲載日:2017年05月10日(水)

4月~5月始めは、山の恵みを堪能できる絶好の時期です。ギボウシ、ユキノシタ、アケビの芽、リョウブ、タラの芽、コシアブラ、タカノツメ、ワラビ、ノビル、ヨメナ、etc.

この山菜、苦味があるので子どもには不人気。何とか食べさせたいので、ニンジン、玉ねぎ、シーチキンに混ぜてかき揚げにしました。リョウブ、ヨメナ、セイタカアワダチソウ、ヨモギをちぎって入れ、彩にヤブツバキの花を加えました。こうすると苦味も和らぐので、子どもも沢山食べたがります。でも、数に限りが….. 美味しいものはちょっと食べるのがいいんだよ。

 

 

かき揚げの他に、タラの芽、コシアブラ、ヨモギ、ヤマフジの芽、活動場所で育てたジャンボ椎茸を天ぷらにして、天丼を作りました。ご飯の上に食べたい物を載せてもらいますが、子どもが選ぶのはかき揚げと椎茸ぐらいでした。採りたてのタラの芽やコシアブラ、こんな贅沢めったに味わえないのに….. 学生とスタッフが贅沢させてもらいました。

 

 

 

 

ワラビが少し採れたので前日にあく抜きしておきました。ちなみにワラビは天ぷらだとあく抜きしなくても美味しい。

ワラビ、春キャベツ、じゃがいも、ニンジン、今が旬のワカメ、白ネギで、具だくさんの味噌汁を作りました。大量に作ると味噌をどのくらい入れたらいいか分からなくなるので、味見をしながら味噌の量を調整します。ちょっと薄いかなと思ったのですが、子どもたちが「給食の味噌汁の味みたい」と言ったのでそのままにしました。くじら先生から「味噌の味がしない」と指摘されました。最近の給食は減塩で薄味なのかなと思った次第です。

 

 

おやつは、桜にちなんだ桜餅。今月から参加し始めた3年生の男子が作りました。

米が炊き上がり炊飯器の蓋を開けてみるとご飯がまっ白。スタッフが食紅を入れるのを忘れてました。急遽食紅を説いてご飯に混ぜたので、まだらピンクの桜餅になってしまいました。桜の葉は、昨年の4月末になみ滝藤原園内のオオシマザクラの葉を摘んで塩漬けにしておいたものです。

 

 

 

自然体験学習会:五感で楽しむ里山の12ヶ月(2017.04.16)

掲載日:2017年05月10日(水)

なみ滝藤原園では、ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ミツバツツジが咲きほこり、時折桜の花びらが風に舞っていました。ここ数年は4月の初めに桜が満開になっていたので、ソメイヨシノの花が第3日曜日に咲いているのは5-6年ぶりのような気がします。3月がいつもより寒かったのと、桜が咲いてから気温があまり上がらなかったからだと思います。そのため山菜もなかなか顔を見せてくれません。

山菜、子どもたちは食べるのは嫌いだけど採るのはオッケー。いつもなら、なみ滝藤原園内を歩き回って食べ切れないほど採ります。今年は、ユキノシタ、タラノメ、コシアブラ、ワラビ、リョウブ、ミツバアケビがやっと芽吹き始めたところでした。

 

そんなわけで山菜採りはすぐ終わってしまい、余った時間は牛糞運び。ハーブ園にある牛糞を一輪車に積んでくじら農園に運びました(距離は400メートルぐらい、でもアップダウンがあります。)3往復の予定でしたが、くじら先生が欲を出してしまい、4往復することに。元気な子どもたちもさすがに疲れたのか、道のあちこちに牛糞をまき散らしていました。

 

 

 

 

牛糞は、夏野菜やさつま芋を植える畑に入れました。草ぼうぼうだったので、ついでに草抜きもしました。

 

 

 

 

 

 

休憩時間はお花見。並瀧寺池をバックに咲く桜。晴れていたのでとても綺麗でした。

 

 

 

 

 

 

3月ごろから、なみ滝藤原園内でもウグイスの声が聞こえるようになったので、ウグイス笛を作りました。直径約2センチと直径5ミリぐらいの丸竹を使いました。

太い竹を10センチ、細いのを8センチの長さに切りました。太い竹の上側が平らになるように小刀で削り、中央に直径5ミリぐらいの穴を開けました。細い竹の先端を斜めに切落とし、太い竹に開けた穴の手前に重ねます。細い竹の位置を動かしながら音が出る位置を探し輪ゴムやグルーガンで固定しました。

 

 

 

音が出さえすれば、鳴り方は問題じゃない。庭のあちこちから、個性的な鳴き声が聞こえてきました。ウグイスさんにはどんなふうに聞こえたのでしょう。

 

 

 

森の生活体験教室(2017.3.5)

掲載日:2017年03月31日(金)

P10304543月の教室では。椎茸となめ茸菌植えと、なみ滝藤原園駐車場の隅にあった東屋の解体をしました。

コナラの木を伐採し1メートルの長さに切って作った原木に、ジャンボ椎茸菌を植えました。順調に育てば、今年の11~12月ごろに収穫できます。

 

 

 

 

 

P1030464

なめ茸菌はサクラの原木に打ち込みました。なめこが生えるまで2年かかりますが、原木で育てたものはとても美味しい。育てて味わえる贅沢です。

 

 

 

 

 

 

P1030471

 

教室に参加している大学生の料理修行。野菜がたっぷり入った味噌汁、豆腐の肉みそ(フキノトウ入り)、ロールハクサイ。大変おいしくいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

P1030468

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030475

駐車場の隅にあった東屋は、数年前から傾き始め屋根も一部壊れていました。修繕して使うことも考えましたが、「建て替えを経験しておくと後々役に立つのではないか」ということで、解体することにしました。

倒す作業は危険を伴うので、スタッフ(里山の若者3人)が前もって倒し柱は処分しておきました。教室では屋根の解体をしました。メイン作業はくぎ抜き。スタッフから釘の抜き方を教わり、もくもくと抜き続ける女子学生。くぎ抜きにはまったようです。

 

 

 

 

P1030477

屋根のスレートをはがすと、カメムシとヤモリ現る。こんな所にまで入りこむとは。

 

 

 

 

 

 

 

P1030485

解体終了。2時間で終わるとは思ってなかったので、スタッフはビックリ。4月から1年かけて東屋を建てます。4月は柱にする木を伐りながらチェーンソーの使い方を学びます。

森の生活体験教室(H29.2.26)

掲載日:2017年03月31日(金)

P10303482月の教室は、花炭づくりとそば打ちをしました。

せんべいの空き缶に竹や木の葉を入れて蓋をし、焚火の中に入れて燃やしました。

 

 

 

 

 

 

P1030354

2時間ぐらいで花炭ができました。

 

 

 

 

 

 

 

P1030417

島根県奥出雲町「川西そば工房」の方の指導でそば打ちをしました。最初の水回しでそばの美味しさが大方決まるそうです。

 

 

 

 

 

 

P1030436

そばを細く均等に切るのは至難の業。職人さんは細く均等に切られました。教室の参加者が切ると太さがまちまち。試食してみて「同じ太さ」も美味しさの決め手だと思いました。

 

 

 

 

 

 

P1030443

参加者が打ったそばも美味しかったですが、職人さんが打ったものは美味しさが違う。材料も打ち方も全く同じなのに。食感、のどごしが全く別物でした。

 

 

 

 

 

里山子料理(2017.3.19)

掲載日:2017年03月31日(金)

DSC_0425卒業記念のお餅つき。小学3年生から参加している6年生と中学3年生が卒業記念の餅つきをしました。杵を振り下ろすと最初は米より臼をたたいていましたが、若いだけあって呑み込みが早い。すぐ米めがけて振り下ろせるようになりました。

 

 

 

 

 

DSC_0510

卒業のお祝いということもあり、牛肉をたっぷり使って牛肉汁を作りました。見た目はとっても美味しそう。一口飲むと、「ムム… 味がせん」。肉と野菜の旨味たっぷりのヘルシー汁。子どもは平気で食べてましたが、大人はちょっと無理。各自かつおだし、塩、しょうゆで味を調整しました。後日活動風景写真を見た所、味付けした形跡がありませんでした。何故?

3月に入ってから殆ど雨が降っていません。活動場所で育てているジャンボ椎茸は、ほだ木からちょっと顔をのぞかせているのですが、雨が少ないので大きくなりません。木に生えたまま乾燥椎茸ぽくなっているものもあります。それでも野外料理に使えるくらい収穫できたので椎茸オムレツを作りました。オムレツをひっくり返すのに苦戦していましたが、美味しいオムレツができました。

 

DSC_0670

お菓子は餃子の皮のクレープ(イチゴヨーグルトとバナナホイップ)を作りました。餃子の皮はあらかじめオーブンでクレープ状に焼いておきました。イチゴヨーグルトは水気を切って固めにしたヨーグルトとイチゴジャムを混ぜみかん(缶詰)を飾りました。バナナホイップは、バナナをざっくり潰してホイップクリームと混ぜチョコレートソースをかけました。

 

 

 

 

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930