いかだ風景NPO法人 メセナSUN-CLUB学びの森は、地域の自然や文化にねざした体験活動を通し、自ら輝ける人材の育成と心豊かな暮らしの支援を目的として活動しています。豊かな自然に囲まれた広島県東広島市志和町並滝で小学生から一般の方に自然体験活動を提供しています。このメセナSUN-CLUB学びの森の公式サイトでは、自然体験活動や並滝の豊かな自然に関する情報を紹介しています。このサイトをご覧になり興味をもっていただければ、ぜひメセナSUN-CLUB学びの森の自然体験活動にお申込みください。

アーカイブ

自然体験活動指導者養成研修:2日目(2016.10.30)

掲載日:2016年11月02日(水)

img_3080竹などを使ってはしや遊び道具を作るのも自然体験活動の一つのプログラムです。 実際に自分が作れないと人にも指導できないので、竹トンボを作ってもらいました。

 

 

 

 

 

img_3077

お手本のプロペラです。なかなかこのレベルは作れませんが。

 

 

 

 

 

 

img_3088

野外料理は、豚汁、れんこんとエリンギの混ぜご飯を作りました。1日目は殆ど何も出来ない状態でしたが、2日目は勝手がわかったようで手際よく作ることができました。

 

 

 

 

 

img_3092

大変おいしくいただきました。

 

 

 

 

 

 

img_3108

研修の最後はミニ観察会。 参加者は約1時間で何をするか考え、1人5分の持ち時間で観察会をしました。 お父さんの野鳥観察について来ていた小学生にも加わってもらい、他の人とは違う葉っぱを探したり、葉の付き方の違いで葉っぱのグループを作ったり、目を閉じて沢山の葉っぱの中から、手に持っている葉っぱと同じものを探したり、紙にかいてあるスケッチと植物の特徴をヒントに同じ植物を探したりしました。 どれもアイディアが素晴らしかったです。

自然体験活動指導者養成研修:1日目(2016.10.29)

掲載日:2016年11月02日(水)

img_3026研修の参加者は、子どもの自然体験学習会やキャンプで、子どもの活動をサポートしてくれている学生でした。 自然体験活動の指導者である西村副理事長が、子どもの活動を始める前に「何のためにこの活動をしますか」と子どもたちに問いかけられます。皆さんは、何のためにやると思われますか? 応えは「立派な大人になるために」です。

今年の研修は「立派な大人とはどういう人だと思いますか」という、学生への問いかけで始まりました。1人ずつ自分が考える「立派な大人」について話ました。

その後、西村副理事長が影響を受けた人物や小説を紹介しながら、本を沢山読んで自分が理想とする指導者像を膨らませていくことの大切さを説かれました。 数年後には社会人となる学生にはとても貴重な話だったと思います。

img_3028

植物を観察しながら、葉の付き方(対生、互生)、複葉(三出、掌状、羽状)、鋸歯、裂片等の葉っぱの特徴や万葉植物等、専門的な知識を学びました。 研修2日目には、各自がミニ観察会をしないといけないので、みんな真剣に先生の話を聞いていました。

 

 

 

 

img_3037

野外料理では、かき揚げ、おひたし、味噌汁を作ってもらいました。食材の切り方の指導と段取りができるようになってもらいたいので、野菜をたくさん切るメニューにしました。 ごはんを炊くときの水加減を覚えて欲しいので、ごはんは鍋で炊きました。

 

img_3040

 

 

いきなり段取り良く作るのは至難の業。どうなることかと心配しましたが、何とか完成。 おいしいお昼ごはんをいただきました。

 

 

 

 

 

img_3060

この研修に参加した学生が一葉に「体験して良かった」、「次の人にも体験して欲しい」と言う木の伐採。今年はアラカシの木を伐りました。

アラカシの周りの雑木や、邪魔になりそうな木の枝を切って木が倒れやすいようにしました。倒そうとする側から直径の1/3の所までノコを入れ、次に1/3の所をめがけ45度の角度で切り、受け口を作りました。それから、受け口の真反対側をノコで引きました。

 

 

img_3065

後2~3センチぐらい残った所で、切り口に木で作った楔を打ち込みロープで木を引っ張って倒しました。

 

 

 

 

 

 

img_3069

11月に自然体験学習会で、子どもたちがこの木を50センチの長さに切ります。丸太切りしやすいように、枝を落として数か所にまとめました。学生は達成感を味わえたようでした。こういう経験はめったにできないですもんね。

里山子料理(2016.10.16)

掲載日:2016年10月28日(金)

dsc_5864実りの秋。里山ではナツハゼやマテバシイの実が採れ、お店にはリンゴが出回るようになりました。そんなわけで、どんぐりパンを作ってナツハゼジャムかリンゴジャムをつけて食べました。 どんぐりパンは、マテバシイの実をいってみじん切りにし、パン生地に混ぜてピザ窯で焼きました。ピザ窯の温度調節が上手くできたので、とてもおいしいパンが焼けました。

 

 

 

dsc_5714

どんぐりパンのお供はカレーシチュー。 自然体験学習会を手伝ってくれている学生の間では「カレーシチューは、カレーなんシチューなん」という話になったそうです。食べて納得。カレーシチューはカレー味のシチューです。

お肉を、豚肉にしようか鶏肉にしようか悩みました。スタッフはカレーと言えば牛肉なので、奮発して牛肉にしました。さすが牛肉。とても美味しいカレーシチューにしてくれました。

 

dsc_5927

お昼ごはんの、どんぐりパン、カレーシチュー、なつはぜのジャム。 どんぐりパンはボリュームたっぷり。一つ100gぐらいあり、一つ食べるとお腹が一杯になる感じです。でも、殆どの子どもが二個食べました。お昼ごはんを作る前に焼き芋を食べているのに…… 好きなものは別腹なんよね。

 

 

 

dsc_6213

毎年10月は、活動場所にある「くじら農園」で育てたさつま芋でスイートポテトを作っています。今年はイノシシにさつま芋を食べられてしまいました。さつま芋を買うとなると予算オーバーになってしまいます。スタッフの家に大きなカボチャが転がっており、食感もさつま芋に近いので、スイートパンプキンを作ることにしました。カボチャのしっとりした甘さと下側のクッキー台のさくっとした食感がマッチした、美味しいスイートパンプキンができました。10月はハロウィンがあるので、丁度よかったかな。

自然体験学習会:五感で楽しむ里山の12ヶ月(2016.10.16)

掲載日:2016年10月28日(金)

dsc_5181平成21年9月から毎月第3日曜日に実施している自然体験学習会。第3日曜は「晴れの特異日」かと思うほど天気に恵まれてきました。が、活動が8年目に入った途端様子が変わってきました。天気予報では先月に続き今月も雨模様。これまでも、野外活動場の施設整備をする度に雨が降っているので、雨が降っても活動できるように大きなブルーシートテントを作ったからなんだろうか? 雨が降った時にできる活動を増やせということなのだろうか?…. 「あれこれ考えてもしょうがない。なるようになるわ。」で今月の活動に突入。

dsc_5312

ピーナツ掘りは昼からする予定でした。朝小雨が降っていたので、畑が濡れる前にピーナツを掘ることにしました。くじら農園で掘ったピーナツを一輪車に乗せたり肩にかついだりしてブルーシートテントに運びさやを取りました。さや以外の部分は堆肥にするので、くじら農園に戻しました。 掘りたてほやほやのオオマサリは、早速ゆでピーにして食べました。

 

 

 

dsc_5539

良く働いたのでご褒美の焼き芋。ピザ窯で焼きました。とってもおいしい!!

ちなみに、5月にくじら農園に植えたさつま芋。葉っぱの育ち具合から、今年も豊作とほくそ笑んでいたら、お盆前からイノシシに狙われ始め、お盆休み中に完食されてしまいました。 ガックシ

 

 

 

dsc_6098

孟宗竹を削って竹のはしを作りました。子どもたちは、ナイフを動かして削ろうとするので、怪我をしないかとひやひやもんです。正しくは、ナイフは動かないよう太ももの上等で固定し竹を動かして削ります。はしづくりは、基本的なナイフの使い方をマスターするのに持ってこいです。3~4年生の子はナイフが動きがちです。大学生に丁寧に教えてもらい正しい使い方ができるようになりました。

 

 

dsc_6209

はしの次はコップづくり。孟宗竹を好みのコップの大きさに切りました。そのままだと竹が割れてしまうので、竹の外側(緑の部分)を8角形になるようナタで落とし、表面をナイフで削ってなめらかにしました。

 

 

 

 

里山子料理(2016.9.18)

掲載日:2016年10月04日(火)

img_28759月は秋ナスが美味しいので、インターネットで紹介されていた大津町の学校給食のレシピを参考に麻婆なすを作りました。くじら農園のピーマンとグリーンパプリカ、スタッフの家の赤と黄色のパプリカも入れました。

甜麺醤、赤みそ、オイスターソース、しょうゆ、酒、豆板醤で作ったたれはからかったので、ケチャップとみりんを加えてちょっとだけ甘めにしました。

 

 

 

img_2878

中華スープには冬瓜、えのき、かにかま、干し椎茸、卵を入れました。 味付けは子どもと学生の舌にまかせました。 鶏がらスープと塩を使って上手に味付けしてくれました。

 

 

 

 

 

img_2836

おやつは、お彼岸の中日(秋分の日)が近いので、おはぎを作りました。 あんこが苦手な子がいるのと作りやすさで、あんこを中に入れ周りに黄な粉をまぶしました。

 

 

 

 

 

img_2998

毎年、春か秋におはぎを作っています。 子どもに上手に作らせるこつもわかり、だいぶ見た目もよくなってきました。

 

 

 

 

自然体験学習会:五感で楽しむ里山の12ヶ月(2016.9.18)

掲載日:2016年10月04日(火)

img_2745毎月第3日曜に行っている自然体験学習会、今月かから8年目の活動に入りました。

数日前から台風と秋雨前線の影響で大雨となり、県内各地に大雨警報や避難勧告が出ていました。この日の朝雨は小降りでしたが、8時を過ぎても大雨警報は解除されません。 少なくても来てくれる子がいたら予定通り行うことにし、子どもたちが来るのを待ちました。何と16人がやって来てくれ先生もスタッフもビックリ。 雨も雪も台風も「天気の一つ」ということで、休まず続けてきたからでしょうか。

今月はこけ玉を作るので、雨が降るなか「なみ滝藤原園」でこけとこけ玉にちょうどいい大きさの草木を一輪車一杯採取しました。

 

img_2785

ピートモス、赤土、赤玉土を混ぜてこけ玉用の土を作りました。 軍手をひっくり返して袋状にし、その中に土を入れ草木を3種類ぐらい植えました。 それから軍手が見えないようにコケで覆い、こけが落ちないように黒糸でぐるぐる巻きにしました。 竹を切って作った器にこけ玉を入れて完成です。ちなみに、竹はキャンプで筏遊びに使った竹の再利用です。

 

 

 

 

img_2919

午後からは、目、口、鼻を使って自然観察をしました。葉っぱにはいろいろな形があります。1枚で一つの葉(葉っぱの多くが単葉です)、ミツバアケビやタカノツメのように3枚で1枚の葉(三出複葉)、コシアブラのように5枚で1枚の葉(掌状複葉)。子どもたちの一番人気は大きなコシアブラの葉。 タムシバの葉っぱの味(歯磨き粉のような味)やクロモジの匂い(いい香り)も確かめました。 和菓子を食べる時に使う爪楊枝はクロモジで作られています。

 

 

 

 

p1040979

自然観察中に集めた葉っぱとなみ滝藤原園にあるヤブツバキやベニシタンの実を使って福笑いをしました。 素朴な遊びですが、とても盛り上がります。 子どもたちの穏やかな笑顔が心を和ませてくれます。

 

 

 

 

 

 

img_2982

 

里山子料理(2016.8.16)

掲載日:2016年09月23日(金)

IMG_2468お昼ごはんは、レタス、ハンバーグ、トマトを挟んでライスバーガーを作り、好みでケチャップか焼肉のたれをかけて食べました。 トマトは「くじら農園」で育てたものを使いました。

普通のライスバーガーの1.5倍ぐらいのサイズでしたが、殆どの子どもが完食しました。スタッフが揚げたフライドポテトもたらふく食べました。 好きなものは別腹のようです。

 

 

 

 

IMG_2463

ハンバーグは、まずビニール袋の中に、砕いた麩と豆腐を入れ、麩に豆腐の水分を吸収させます。続いて、ひき肉、卵、片栗粉、ケチャップ、ラードを加えてよく混ぜ合わせます。直径10センチぐらいの大きさにしてフライパンで焼きました。

 

 

 

 

 

IMG_2458

あらかじめ型に入れて押し固めておいたごはんをフライパンで焼きました。ごはんに焦げ目がしっかりつく前にフライ返しやはしでつついたら、ご飯がバラバラになってしまいました。 焼いているうちにコツ(じっと待つ)がつかめ、形を崩さず焼けるようになりました。

 

 

 

 

 

IMG_2461

冷凍ポテトを使いました。

 

 

 

 

 

 

IMG_2629

今月は参加者が少なかったので、おやつの黄な粉プリンはスタッフが作りました。好みで黒蜜をかけて食べました。黄な粉好きな子どもたちは、「おいしい!」と喜んで食べてくれました。

 

 

 

 

自然体験学習会:五感で楽しむ里山の12ヶ月(2016.8.21)

掲載日:2016年09月23日(金)

IMG_2329お盆が過ぎたら少しは涼しくなるかと期待していましたが、見事に裏切られました。この日もとても暑くて、日向に出ると日差しが肌に突き刺さってきました。

今月は夏休み中ということもあって、4月に中学生になった子どもが遊びに来てくれました。参加した子どもたちは、スタッフや学生と相談しながら、工作又は自由研究をしました。

ノコ、金槌、インパクトドライバー、紙やすり、糸ノコ、グラインダー、バーナーを使い、デザインや出来栄えにこだわって自分の作りたいものに挑戦しました。この日子どもたちが作ったのは、本棚、椅子、ドアプレート、ティッシュケース。

自由研究を選んだ子は、植物、昆虫を観察し特徴をまとめました。

 

IMG_2612

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2620

 

 

 

 

里山子料理(2016.7.16~17)

掲載日:2016年08月22日(月)

IMG_0859今年のキャンプも色んなものを作って食べ続けました。 子どもたちは食べている時が一番幸せそうに見えます。

16日のお昼は、ごまだれ豆腐うどん。 うどんの上に、木綿豆腐、キュウり、ハムを乗せ、ごまだれとポン酢を合わせて作ったたれをかけていただきました。

 

 

 

 

IMG_0862

おやつのわらびもちです。もう少し透明に近くなる予定でしたが….. 味は問題なかったです。

砂糖は少なめに、きな粉はたっぷりかけていただきました。

 

 

 

 

 

IMG_1013

バナナ、牛乳、ホイップクリーム、砂糖、練乳を袋に入れてモミモミしてアイスクリームを作りました。1日目のお昼に作って凍らせておいたものを、夕食と翌日の昼食の準備をする時に冷凍庫から取り出し、ねっとり感がでるようモミモミしました。

 

 

 

 

 

IMG_1043

16日の夕食はピーマンのドルマ、マカロニサラダ、ペコロススープ。

ピーマンのドルマは、5ミリ角に切ったベーコン、玉ねぎを米と混ぜてピーマンの中に詰め、鶏ガラスープで煮込んで作りました。 ピーマンの好きな子は全部、嫌いな子は中身だけ平らげました。 中に詰める具が余ったので炊き込みご飯も作りました。

マカロニサラダは、マカロニ、ハム、ツナ、塩もみしたキュウりをマヨネーズで和えました。

ペコロススープは、くじら農園で育てたペコロス(小玉ねぎ)、ソーセージを煮てコンソメスープの素と塩で味付けしました。

 

IMG_1381

17日の昼食は、キーマカレーと野菜サラダ

キーマカレーは、ひき肉と5ミリ角に切った、玉ねぎ、ナス、ピーマンを炒め、缶入りトマトを加えぐつぐつ煮こみ、最後にカレー粉を加えて完成。 ごはんは鍋で焚きました。

野菜サラダはレタス、キュウりとミニトマト入り。

 

 

 

IMG_1324

16日のおやつは、お昼に焼いたホットケーキと、昨日から何回もモミモミして食べ頃になったアイスクリームでトライフルを作りました。

 

 

 

 

 

P1010722

番外編:17日、虚空蔵山山頂での朝食。 朝、くじら先生に作ってもらった、梅干し、こんぶ、しゃけほぐし、おかか入りの山賊むすび。たっぷり汗をかいた後の塩味が程よく効いたおにぎりは、とても美味しかった。 なみ滝藤原園に帰ったらくじら先生に山賊むすびのお礼を言うつもりだった子どもたちですが、帰った時にはすっかり忘れていました。

 

 

 

 

自然体験学習会:五感で楽しむ里山の12ヶ月(2016.7.16~17)

掲載日:2016年08月20日(土)

IMG_07477月に入ってからしばらく良い天気が続いていたので、10日ごろに梅雨が明けるのではないかと思っていたのですが、なかなか明けてくれません。天気予報では17日は雨。17日には虚空蔵山登山やいかだ遊びを予定していたので、天気予報とにらめっこしながらのキャンプ入りとなりました。

1泊2日のキャンプでは、自然体験学習会でこれまで学んできた成果を試し、時にはケンカもしながら一緒に活動してきた仲間との友情を確かめ合いました。

キャンプ最初の活動は、テント張り。 三角テントはシンプルな作りなので、丈夫で長持ちしますが、張るのに何かと手間がかかります。梁用のポール、2本の柱用のポール、柱用のポールを支えるロープ、ペグを使って倒れないよう時間をかけて丁寧に張りました。17日の明け方雨が降りましたが問題ありませんでした。

IMG_0922

キャンプと言えばキャンプファイヤー。キャンプファイヤーは子どもたちが主役。司会、レクの進行も子どもたちがやりました。午後からキャンプファイヤーのレクの練習をし、司会をするエールマスターとサブマスター、歌とダンス担当のレク係は、自分の力でできるよう特訓を受けました。 各班のスタンツ(出し物)もあるので、こちらは班の活動を指導している大学生と一緒にアイディアを出して考えました。

 

 

 

 

DSC_0223

「遠き山に日は落ちて」の歌声で、聖火係が聖火を持って入場しキャンプファイヤーが始まりました。営火長の話の後、歌、ダンス、スタンツ、チクサクコールで盛り上がり、最後は聖火を全員に分化し、1班の班長が「友情」、2班の班長が「勇気」について誓いの言葉を述べました。

 

 

 

 

 

P1010687

陽が上がってからの登山は熱中症になる危険性も高くなるので、早朝登山をしました。朝5時40分起床。雨が降っていたのですが、「危険と判断し途中で止めるのもいい経験になる」ということで、行ける所まで行くことにしました。 バナナと牛乳の軽食とラジオ体操を済ませたら雨足が強くなりました。6時30分出発予定だったのですが、雨が止むのを待ち7時になみ滝藤原園を出発しました。途中足元の悪い所が何か所かありましたが無事通過、予定通り8時30分過ぎに頂上に到着しました。 頂上は霧に包まれ景色を見ることができませんでしたが、子どもたちは悪天候の中登り切ったことに大満足の様子でした。頂上で食べる西村先生の山賊むすびがとて美味しかったそうです。子どもたちは、帰ったら先生にお礼を言うつもりだったのですが、なみ藤原園に到着した時にはすっかり忘れていました。

 

 

IMG_1400

今年の筏はこれまでよりちょっと長めの4m30cm(これまでは4m)。安定性(沈みにくい)は高まったのですが、子どもが4人で漕ぐにはちょっと大変だったようです。最後はボートで並走しているスタッフが、筏に着けておいたロープを引っ張って連れて帰りました。

 

 

 

 

 

IMG_1510

キャンプの締めはスイカ割り。みんなが上手に声かけしスイカまで誘導したので見事的中。

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031