いかだ風景NPO法人 メセナSUN-CLUB学びの森は、地域の自然や文化にねざした体験活動を通し、自ら輝ける人材の育成と心豊かな暮らしの支援を目的として活動しています。豊かな自然に囲まれた広島県東広島市志和町並滝で小学生から一般の方に自然体験活動を提供しています。このメセナSUN-CLUB学びの森の公式サイトでは、自然体験活動や並滝の豊かな自然に関する情報を紹介しています。このサイトをご覧になり興味をもっていただければ、ぜひメセナSUN-CLUB学びの森の自然体験活動にお申込みください。

月別アーカイブ: 2019年1月月

里山子料理(2018.12.16)

掲載日:2019年01月09日(水)

12月はクリスマスが近いので、毎年ピザとチョコレートケーキを作ります

ピサは、前日に捏ねておいたピザ生地を伸ばし、ピザソースを塗り、ピーマン、ベーコン、コーン、チーズをトッピングしピザ窯へ。ピザ生地伸ばしは思いの外苦戦してました。ピザソースは活動場所で育てた玉ねぎを贅沢に使った自家製です。

 

 

15分ぐらいかけて焼き上げます。

 

 

 

 

 

 

 

冬野菜のシチューも作りました。白菜、人参、カブ、ソーセージ、小松菜を煮て、米粉と牛乳で作ったルーを加え、コンソメで味付けました。

 

 

 

 

 

チョコレートケーキは、ホットケーキを使って作る基本のケーキ生地にココアと板チョコを加えて作りました。

 

 

 

 

自然体験学習会:五感で楽しむ里山の12ヶ月(2018.12.16)

掲載日:2019年01月08日(火)

この冬は12月に入っても暖かく、並滝では一度雪が薄っすら積もっただけで雨ばかり降っている感じです。この日も午後から雨でしたが、午前中は日が射さなかったこともあり気温が上がりませんでした。二つのドラム缶で火を焚きましたそれでもまだ寒い感じでした。

今月は孟宗竹で竹トンボを作りました。あらかじめ竹トンボ用に加工した竹を、厚さが2~3ミリになるまで切り出しナイフで削りました。6年生になると上手に削れるようになりますが、3~5年生には難しいようです。残して欲しいとこまで削るので左右の羽の大きさが違ってしまいます。

 

竹トンボ作りの途中でひと休憩。ほっかほかの焼き芋がたまんない。焼き芋は、活動場所で育てたものをピザ窯で焼きました。

 

 

 

 

 

 

できあがったマイ竹トンボで滞空時間と飛距離を競いました。

 

 

 

 

 

 

竹トンボ競争が終わったら12時近くになっていました。お腹がすいていると料理作りにも身が入らないので、焼きたてのピザパンをお腹に入れてもらいました。「もう1個食べたい」と言って来ましたが数に限りあり。

 

 

 

 

 

毎年12~3月は、冬場のものづくりとして何かを作っています。ちなみに昨年は木のまな板を作りました。この冬は12~2月まで桜の木でミニカーを作ります。そして3月に竹でレース場を作って競争します。

1回目は、指導スタッフが作った見本を参考に木に自分が作りたい車の絵を書きました。次に、絵に沿って木をノコで切ったり切り出しナイフで削ったりしました。

カレンダー

2019年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031