いかだ風景NPO法人 メセナSUN-CLUB学びの森は、地域の自然や文化にねざした体験活動を通し、自ら輝ける人材の育成と心豊かな暮らしの支援を目的として活動しています。豊かな自然に囲まれた広島県東広島市志和町並滝で小学生から一般の方に自然体験活動を提供しています。このメセナSUN-CLUB学びの森の公式サイトでは、自然体験活動や並滝の豊かな自然に関する情報を紹介しています。このサイトをご覧になり興味をもっていただければ、ぜひメセナSUN-CLUB学びの森の自然体験活動にお申込みください。

日別アーカイブ: 2020年11月16日

自然体験学習会:五感で楽しむ里山の12ヶ月(2020.11.8)

掲載日:2020年11月16日(月)

前日が夕方ぐらいまで雨だったので、朝はそんなに冷え込まなかったです。でも並滝は山の中。市街地に比べるとやっぱり寒い。朝はドラム缶で火を焚いて暖を取りました。

このところの冷え込みで、なみ滝藤原園内や並滝寺池周辺の木々の紅葉が進み、緑の中に赤や黄色が目立つようになりました。

毎年11月はコナラの木を伐ってもらい丸太切りをしています。大きな木が倒れる時の様子を見て迫力を体感しておくことも、自分を守ることにつながると思い、子どもたちの前で伐倒してもらいます。チェーンソーを使いますが、直径40センチ以上のコナラとなると、倒すまで思いのほか時間がかかりました。

コナラの木と、あらかじめ伐っておいたアラカシを50センチの長さに丸太切りしました。コナラやアラカシは堅いので、チェーンソーでも簡単には切れません、それをノコで引くとなると、とても時間がかかって大変です。

切った所の太さにもよりますが、1~2時間かけて切りました。切り終えた瞬間の笑顔は最高です。安堵と達成感がにじみ出てました。「来年はもっと大きいのを切りたい」という声も聞こえてきました。

 

 

一番大きかった所は、直径40センチ。大人には切れないだろうな~。

 

 

 

 

 

 

くじら農園に玉ねぎの苗を500本植えました。畑の上に線をひき、その線を4等分して穴を開け、そこに苗を植えて土をかけました。

苗植えが終わったら自然観察。山上憶良の秋の七草の和歌を習いました。「萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝顔の花」。鳥さんが好きなガマズミの実を食べてみました。「酸っぱくて美味しかった」そうです。

 

 

 

お昼ごはんは、麻婆豆腐と冬瓜の中華スープ。麻婆豆腐は給食のレシピを参考に作りました。これだと辛いのが苦手な子も大丈夫でした。

 

 

 

 

 

おやつは焼き芋と栗ケーキ。焼き芋は、くじら農園で育てた安納芋をピザ窯で焼きました。丸太切りの途中で焼きたてをいただきました。

栗ケーキは基本のケーキ生地に、なみ滝藤原園で拾った芝栗とココアを加えて作りました。

 

 

 

カレンダー

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930