いかだ風景NPO法人 メセナSUN-CLUB学びの森は、地域の自然や文化にねざした体験活動を通し、自ら輝ける人材の育成と心豊かな暮らしの支援を目的として活動しています。豊かな自然に囲まれた広島県東広島市志和町並滝で小学生から一般の方に自然体験活動を提供しています。このメセナSUN-CLUB学びの森の公式サイトでは、自然体験活動や並滝の豊かな自然に関する情報を紹介しています。このサイトをご覧になり興味をもっていただければ、ぜひメセナSUN-CLUB学びの森の自然体験活動にお申込みください。

タグ ‘料理’

里山子料理(2018.12.16)

掲載日:2019年01月09日(水)

12月はクリスマスが近いので、毎年ピザとチョコレートケーキを作ります

ピサは、前日に捏ねておいたピザ生地を伸ばし、ピザソースを塗り、ピーマン、ベーコン、コーン、チーズをトッピングしピザ窯へ。ピザ生地伸ばしは思いの外苦戦してました。ピザソースは活動場所で育てた玉ねぎを贅沢に使った自家製です。

 

 

15分ぐらいかけて焼き上げます。

 

 

 

 

 

 

 

冬野菜のシチューも作りました。白菜、人参、カブ、ソーセージ、小松菜を煮て、米粉と牛乳で作ったルーを加え、コンソメで味付けました。

 

 

 

 

 

チョコレートケーキは、ホットケーキを使って作る基本のケーキ生地にココアと板チョコを加えて作りました。

 

 

 

 

里山子料理(2018.11.18)

掲載日:2018年12月08日(土)

根菜類が美味しい季節となったので、それらを使って豚汁と混ぜご飯を作りました。

いつもは学生が指導し子どもたちが作りますが、殆どの子どもが1時を過ぎても丸太切りを頑張っていたので、丸太切りが終わった子とスタッフが作りました。

豚肉、里芋、さつま芋、人参、ごぼう、大根、シロネギ、コンニャク、油揚げ、えのきだけがたっぷり入った豚汁。子どもに味付けしてもらったら、学校給食風の超減塩食。子どもの頃から薄味に慣らさせているのですね~。とその味に慣れていないスタッフには薄すぎ。大人分にはこっそり味噌を足しました。豚汁は少し濃いめの方が美味しと思うのですが、それじゃー体に悪のか…..

 

炊き込みご飯は出来上がるまでに時間がかかるので、混ぜご飯にしています。蓮根、ごぼう、人参、竹輪入り。こちらの方は、ボラティアのお母さんが味付け。ごま油で味が引き立ち、とっても美味しい混ぜご飯になりました。毎年混ぜご飯を作りますが、お代わりするのはスタッフのみ。でも今回はお代わりする子が多かったです。母の味強し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おやつは人参ケーキ。

いつものケーキ生地に人参とリンゴで作ったジャムを加えました。ジャムだけ食べると甘すぎる感じがしたのですが、ケーキに入れるとリンゴの酸味が程よく効いて美味しかったです。

保護者にもおすそ分けしています。人参の臭みがしなくて美味しいと好評でした。リンゴを入れたのが良かったのでしょうか。

里山子料理(2018.10.21)

掲載日:2018年10月26日(金)

実りの秋。今月は秋の木の実や果物を使ってどんぐりパン、リンゴジャム、栗ケーキを作りました。5月末にくじら農園で収穫したペコロス(小玉ネギ)を使ってペコロスのスープも作りました。

どんぐりパンにはマテバシイを使います。マテバシイは渋味がないので炒って食べられます。残念ながらなみ滝藤原園にはマテバシイの実がないので、学生に大学で拾って来てもらいました。マテバシイをフライパンで鬼皮に裂け目ができるまで入り、鬼皮を取ってみじん切りにして、丸めておいたパン生地にまぶして焼きました。

どんぐりパンは、7月の豪雨災害で被害を受け、2日前にやっと復旧したピザ窯で焼きました。

二次発酵させる時間がないため、パン生地に十時の切り目を入れて焼きました(二次発酵させるとこの倍近くの大きさになるのではないかと思います)。表面にまぶしたどんぐりが程よくローストされ美味。どっしりした重めのパンなので、一個でも十分お腹が満たされますが、殆どの子が2個食べていたようです。

 

 

できれば、なみ滝藤原園になっているナツハゼの実でジャムを作りたかったのですが、酸っぱすぎて食べられる子どもが少ないです。そのため、リンゴに砂糖を加えて煮て最後にレモンを加えてジャムを作りました。味は担当した子どもの舌にまかせました。美味しいと好評でした。

 

 

 

 

ペコロスのスープには、ベーコンをたくさん使いました。コンソメを使う予定でしたが、ベーコンからとても良いだしが出て、塩コショウを少しっ加えるだけで美味しいスープになりました。

 

 

 

 

 

なみ滝藤原園内には山栗がたくさんあります。味は大きい栗より美味しいと思います。毎年猪に先に食べられてしまい人の口には殆ど入りません。今年は運よく猪に気づかれる前に拾えました。その栗をむいで砂糖を加えて煮たものをケーキ生地に混ぜました。砂糖で煮ても少し渋味が残っていたので子どもに「まずい」と連呼されそうな気がしました。生地にココアを加えたのが良かったのか、渋味もなく美味しいケーキになりました。

 

里山子料理(2018.9.12)

掲載日:2018年10月16日(火)

お昼ごはんは、汁なしたんたんうどん、もやしのナムル、おやつはおはぎを作りました。

汁なし担々うどんは、ひき肉、みじん切りした玉ねぎとエリンギを炒め、にんにく、しょうが、酒、豆板醤、鶏ガラスープの素、練りごま、味噌で味付けし、うどんの上に載せ、最後にすりごまをかけました。炒りごまをすり鉢で擦ってすりごまにしました。

 

 

さっと湯がいたもやしと豆苗、キュウリの千切りを合わせて、鶏ガラスープの素で味つけしてナムルを作りました。

 

 

 

 

 

 

お彼岸が近いのでおやつはおはぎ。あん嫌いな子が多いのと作りやすさで、中を餡にし表面を黄な粉にしました。これだと殆どの子が食べてくれます。

 

 

 

 

 

里山子料理(2018.8.19)

掲載日:2018年09月01日(土)

毎月野外料理では、昼ごはんとおやつを作ります。今月のおやつはスティックチーズケーキ。チーズケーキは、作ってすぐ食べるより一日ぐらい置いた方が美味しくなります。だから7月のキャンプで作る予定でした。しかしキャンプが中止となったため、今月のおやつにしました。どうせなら「美味しくなってから食べたい」。今回は特別サービスで全日にスタッフが焼きました。

そんなわけで、今月の野外料理はお昼ごはんの、キーマカレーとマカロニサラダを作りました。

 

野菜(玉ねぎ、なす、ピーマン、ズッキーニ)をたっぷり使ったキーマカレー、キュウリ・シーチキン・ソーセージ・ゆで卵入りのマカロニサラダ。たいへん美味しくいただきました。

 

 

 

 

 

里山子料理(2018.6.17)

掲載日:2018年06月20日(水)

西村先生と学生に山賊むすびを作ってもらい虚空蔵山に登ったので、今月はおやつのみたらし団子だけを作りました。山賊むすびとみたらし団子となると、炭水化物ばかりでバランスが悪いですが、たまにはこんな時があってもいいかな。

スタッフが団子の粉を捏ねておいたものを丸めて湯がきました。

 

 

 

ゆであがった団子は冷水で冷やし串にさしました。

 

 

 

 

 

 

 

砂糖、しょうゆ、片栗粉、水を火にかけてたれを作り、団子に塗ってできあがり。

子どもたちに大変好評で、「美味しかったからもう1本食べたい」と言われましたが、一人1本分しか作ってなかったのよね~。

 

 

 

里山子料理(2018.5.20)

掲載日:2018年05月28日(月)

お昼ごはんは、山菜ずしとすまし汁、おやつは、イチゴどら焼きを作りました。

4月に採ったタケノコとワラビを冷凍保存していたので、それを使いました。寿司めしを作り、スタッフが煮つけておいたタケノコ、ワラビ、椎茸、人参を混ぜました。椎茸は、活動場所で採れたジャンボ椎茸を天日乾燥したものを使いました。

 

 

すまし汁は、昆布とかつおで出汁を取りました。

お椀に、した茹でしたキヌサヤ、かまぼこ、手まり麩、料理前に活動場所で採ったヤマミツバを入れ、最後におつゆを注ぎました。

 

 

 

 

寿司の上には錦糸卵を作って載せる予定でしたが、どうみてもきしめん卵ですね。

汁物の味付けが上手になりました。

 

 

 

 

 

どら焼きの皮を焼くスキルも年々アップしています。

 

 

 

 

 

 

どら焼きの皮であんこ、いちご、ホイップクリームを挟んでできあがり。

どら焼きの皮に砂糖とみりんを使っているので、あんこは砂糖控えめ、ホイップクリームには砂糖を使っていません。

活動場所で育てているイチゴを使いたかったのですが、数が揃いませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

里山子料理(2018.4.15)

掲載日:2018年05月08日(火)

昨年の12月から今年の3月にかけて、子どもたちがヒノキでまな板を作りました。今月からそれを使って料理を作ります。自分達で作った物を使うからか、いつもより堂々としているように思えました。

 

春と言えば山菜。大人には待ち遠しい旬の食べ物です。でも子どもにはただ苦いだけ。天ぷらにして苦さを少し和らげます。それでもダメな子が多いので、玉ねぎ、人参と一緒にかき揚げにします。これには、彩でヤマフジやヤブツバキの花を加えます。山菜が全く食べられない子もいるので、活動場所で育てているジャンボ椎茸も天ぷらにしました。ご飯に自分で好きな天ぷらを載せて天つゆをかけます。一度苦味を経験している子どもは、自分が食べられるものだけを選び、初めての子は見た目で選びます。余りの苦さに泣きそうになった子どももいました。この苦さは冬場体内に溜まった老廃物を排出してくれるそうです。大人にはありがたいデトックス料理です。子どもの体にはまだ苦味は必要ないのかもしれませんね。

みそ汁には、ベーコン、キャベツ、椎茸と、摘みたてのセリを入れました。

 

 

 

 

桜の季節なので、おやつは桜餅を作りました。桜餅の葉は、活動場所にあるオオシマザクラの葉を塩漬けしたものです。

 

 

 

里山子料理(2018.3.18)

掲載日:2018年04月13日(金)

毎年3月は6年生が卒業記念の餅つきをしますが、卒業式や謝恩会と重なったため6年生はお休み。残念ながら今年は餅つき無しとなりました。

お昼ごはんは鶏肉団子のみぞれスープとおにぎり、おやつはフルグラクッキーを作りました。

鶏肉団子のみぞれスープは、人参、椎茸、鶏肉団子、水菜、大根おろし入り。醤油ベースの味付けにし、片栗粉でとろみをつけました。

 

おにぎりは、二種類作りました。一つはおかかを混ぜ、もう一つには、鮭入りのおむすび山を混ぜました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フルグラクッキーは、フルーツグラノーラ、ホットケーキミックス、ケーキシロップ、サラダ油を混ぜ合わせ、丸めて平らにしフライパンで焼きました。

「何でここのおやつはまずいん」と言った子にも、フルグラクッキーはOK。フルグラの固まりを食べているようなものだからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

里山子料理(2018.2.18)

掲載日:2018年03月05日(月)

水加減を失敗することが多いので、子どもの野外料理では極力カレーを作らないようにしています。でも、猪肉を使った料理となると、牡丹鍋よりカレーの方が子どもには食べやすいので、2月には猪カレーを作ります。

臭みを抜き、肉を柔らかくするために、スタッフが前日からごぼう、しょうがと一緒に猪肉を4~5時間以上煮込みました。これに別鍋で煮た玉ねぎ、ジャガイモ、ニンジンとカレー粉を加えて完成。水の量が多かったのでスープカレーになりました。「他の肉はダメだけど、猪肉は食べれた」という子がいたそうです。反対の人の方が多いと思いますが。

カレーの付け合せは、もやしのナムル。もやし、ハム、ホウレンソウを湯がき、鶏ガラスープの素とゴマ油で味付けました。とっても簡単でおいしかったです。

おやつは、さつま芋のケーキ。さつま芋は寒くなると保管するのが難しく、腐らせてしまうことがあります。そこで、くじら農園で収穫したものを焼いたり蒸したりしてマッシュポテト状にし冷凍保存しました。

そのマッシュしておいたさつま芋と卵、牛乳、砂糖、ホットケーキミックスを混ぜ合わせてピザ窯で焼きました。

ケーキというよりも焼きプリンに近い感じでした。「お店で買ったプリンみたい」と子どもたちには大好評。おやつも好き嫌いがあるのですが、これは全員食べていました。

好評につき作り方です。

《材料》

さつま芋(マッシュ状):200g、 卵:2個、 牛乳:250cc、砂糖:40~50g、ホットケーキミックス:50g。

材料を良く混ぜ合わせ、180度のオーブンで50分ぐらい焼いて下さい。

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031